「このくらい言わんでも分かるやろ」という思考の危険性

Publish2015/04/06(月)

この前「そういえば」と思った事があったので書いておこうと思います。

とあるサラリーマンの会話から

そのきっかけになったのが電車内でのとあるサラリーマンの会話。
そのサラリーマンとおそらく同僚と思われる人との会話が、別に聞き耳を立てたわけではないのですが話が耳に入ってきました。
どうもそのサラリーマンは同僚に伝えたい事がうまく伝わっていなかったようで、「このくらい言わんでも分かるやろ」といっていたんですね。
たぶんそんなに深く考えてなくて言ったんだと思うんですけど、それを横で聞いてて「これは違うよなー」と思ったわけです。
サラリーマンの言いたい事も分かるんですが、ちょっと考えてみましょう。

思い込みとか常識とかは「自分の物差し」

まず、僕が常に思っている事のひとつに「自分の物差し」の基準を人の基準として置き換えて考えないようにしようという考えがあります。
これは、自分の考える「常識」と世間の人の考える一般的な「常識」、そして会話をする人の「常識」は同じではないからです。
共通する部分や一致する部分もあるでしょうが、違うものだと考えておく方が無難です。
人が生きてきた環境や、慣習などは人によって異なります。
関西という狭い地域でさえ、京都と大阪と神戸では言葉や文化も違うものがありますし、もっと大きく見れば日本と世界の他の国ではさらに大きな違いがあります。
自分の主観や常識を基準に話を進めると、その基準自体の認識が異なっていればどこかでそのズレが問題になってきます。
そう考えると、自分の基準で他者を判断する事がいかにいけてないかという事が分かりますね。

他者を尊重する寛容性をもって生きていきたい

あと、自分基準で他者と話をする場合、その基準を受け入れられなかったりすると、「なんでこんな事も分からへんねん」というような攻撃的な感じになったり、もっと進むと相手に対する嫌悪感や憎しみのような感情を抱く危険性があります。
これはすごく当然な事だと思うんですが、自分が「そういうものだ」と思っている事を人から「それは違う」と否定されてうれしい人はいないと思います。
言った人も言われた人も、自分の主観に沿って話をしているだけなんですが、その根底にあるのは自分の価値観を重視する姿勢です。
こういう感じで他者の思考に対する寛容性や配慮がない状態になると、マイナスな事しか起こらないと僕は思っています。
そのためにも、まずは「自分自身の常識」を基準にして話をする事がないようにしようと思うわけです。
そうする事で、自然と「相手はどう考えているのだろう」と思う事になるので、結果的に寛容性を手に入れる事になると思っています。
時にはその時の体調や気分で相手を思いやる余裕がない事もあるかと思いますが、そういう時でも「自分の常識を基準に話をしない」という風にすれば自然といい流れにもっていけるのではないのかなとかまで思うんです。
と、そんな事をサラリーマンの会話から考えていました。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Web運用を中心とした戦略的な企画立案、サポートやホームページ/Webサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web運用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期で更新しています。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
2021年1月よりYouTubeにてWeb運用のおっちゃん・ふにすチャンネルをはじめました。
Web運用の基礎情報やコツ、ポイントなどをお話ししております。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

ふにろぐとは?

でぐち

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にホームページの運営をしている企業のご担当者様向けに、「ホームページ/Webサイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。

このブログについて

ふにす株式会社

ふにす株式会社は大阪の高槻にある「Webを起点に会社の成長を応援するパートナー」をモットーに、Webにまつわるいろいろな問題を解決する、サポートをする会社です。
ホームページでお問い合わせを増やしたい、もっとたくさんの人に見てもらいたいなど、ホームページ/Webサイトを活用したい方向けの活動を行っています。
また、ホームページの作成や、外部パートナーとしての運用サポートなど、幅広くWebにまつわる諸々のことをおこなっております。
どのようなことを頼めるのかをまとめてみましたので、ご確認ください。

ふにすにはどんな仕事が頼めるの?

ブログ内検索

サービス

ふにすWeb相談所

ホームページの運用お得情報

ホームページ/Webサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Webサイトの運用に関する情報

お問い合わせ

ホームページを成功させたいとお考えの方はお気軽にご相談ください。
ご相談は、下記の中からお好きなものを選んでいただければ大丈夫です。

  • メールで問い合わせる
  • チャットワークで問い合わせる
  • Facebookで問い合わせる
  • Twitterで問い合わせる

LINE@でも相談を受け付けています。
QRコードから友達登録を行って、メッセージを送ってください。

LINE@

最新記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧