ぼっちが捗るSNS「mnmm」を使用して感じたこと

Publish2016/04/07(木)

ぼっちが捗るSNS「mnmm」を使用して感じたこと

今日は僕の中で話題沸騰のサービス「mnmm」について書きます。
タイトルにもあるようにこのサービスは「ぼっちが捗るSNS」と僕は位置付けております。

mnmmとは?ないものづくしのSNS

mnmmはPARTY社の開発したSNSで、よく言えばとてもシンプルなSNSです。
シンプルすぎて、ないものづくしです。
具体的には

  • 通知がない
  • メンションがない
  • いいねとかLikeとかがない
  • 広告もない
  • 誰にフォローされてるのかもわからない

といった感じで、SNSの機能としてありそうなものが根こそぎありません。
あるものは、140文字以内でつぶやけることのみ。
Twitterからいろいろなものを省いたようなイメージです。
ちなみに、利用時はTwitterと連携してアカウントが作成されますが、アカウントを連携していることが利用時にメリットになることはほぼありません。
サイトの説明を引用しますとこんな感じです。

フォロワー数もいいね数もRTも何もない。
めんどくさくない、原始的なソーシャルネットワーク「mnmm(ミニマム)」を一緒に楽しみませんか?
http://mnmm.social/
mnmmは、機能を最小限にしたイチバン気楽なソーシャルメディア。
フォロワー数やいいね数の表示もなく、RTもありません。
しがらみなく、気兼ねなく、日々の想いの丈を投稿いただけるサービスです。
「あの頃のソーシャルネットワーク」が戻ってきました。
さあ、自由に、どうでもいいことをつぶやいてください。
mnmm: Minimum function, maximum fun.

あの頃のソーシャルネットワークというのがなんなのか謎ですが、ようは機能を最小限にしているSNSだということです。
あと、後述しますが「しがらみなく、気兼ねなく、日々の想いの丈を自由につぶやく」のは危険なのでやめといたほうがいいです。

やってみて感じる孤独感

先日公開されたばかりなので、まだ利用している人も少ないようで、とりあえず僕もはじめてみました。
mnmm-thum
http://mnmm.social/#deroter
やってみて思うのは、想像している以上に「何もない孤独感」です。
何もない部屋の中で一人で呟いているような感覚になり、ぼっちが加速します。
この何もないというのがすごく重要で、普通SNSだと、自分が何か書いたことに対してリアクションがあったりすることで楽しさを感じるものだと思うんですが、mnmmにはそれがないんです。
誰かにリプライを飛ばそうとしても、その声は相手には届きません。
もちろん相手に通知されることもないので、相手も知ることもできません。
お互いがフォローしていれば、目視確認はできますが、相手が誰をフォローしているかは見えないので、相手に自分が見えているかどうかの確証が持てません。
どこの誰が見ているのかがわからないし、そもそも誰にも見られていないような気すらするので、人に向かってしゃべるという感覚ではありません。
タイムラインにはフォローした人のつぶやきは流れますが、それに対して何かするということもなく、ただ呆然と眺めているだけです。
まるで透明人間になって、世界に存在しているような感覚です。
この孤独感はすごい。
ぼっち耐性がない人には辛すぎるし、面白くないんじゃないかと思います。

どう楽しんだらいいのかが難しい。というかこれはSNSではない気がする

このmnmmの一番難しいのは「どう楽しんでいいのか」というところがわかりにくいところにあります。
SNSは人と人のコミュニケーションで成り立っているものですが、mnmmの場合それがほとんどないわけです。
まるで、ぼっち上級者かどうかを試されているかのような感覚になってきます。
喋ってはいるものの誰にも相手にされない感じなので、これって別にオンラインじゃなくてローカルでメモ帳にでも書いとけばいいんじゃ…とすら思うこともあります。
たぶんこれまでのSNSと同じ感覚で使い始めると、強烈な違和感が生まれます。
僕自身、これ過去のサービスとどう接していけばいいのか正直よくわかりません。

フォローする人を探せない

mnmmの特徴として、他者との関わりの希薄さがありますが、その希薄さを象徴するのがフォローする人を探しづらいという点にあります。
mnmmでは、人からは見えませんが自分のタイムラインには人のつぶやきが表示されます。
つぶやきを表示させるためにはフォローする必要がありますが、フォローするためにはmnmmを使っている人の場合はidを直接入力するか、メールで招待するかのほぼ2択です。
「Who to Follow」というメニューで利用者一覧が表示されますが、このリストはTwitterと連動しているということではなく、単にmnmmを使っている人のリストです。
どういう基準で選ばれたのかもわかりません。
要するに、知らない他人でしかないので、この中からフォローするかというと、しない人の方が多いと思います。
mnmm内で気軽にフォローできないので(それが狙いかもしれませんが)、フォローしたい人を探すのも苦労します。
この時点ですでに楽しむための障壁が高いと思いますし、多分フォローする人を増やすことは楽しさとして機能しないということでしょう。

まとめ

まとめにもならないですが、このサービスのこの感覚は結構新鮮でした。
ずっと使い続ける必要とかはないと思いますが、一旦どんなものなのかを確認するという意味でちょっと手を出してみると面白いと思います。
機能が削ぎ落とされすぎているので、使い方はいたって簡単です。
UIも非常にシンプルできれいですし、人と交流するためではなく自分のメモとして使うとかにするといいかもしれません。
ただし、注意が必要なのは、フォローされてもわからないので、ストーキングツールとして使用される危険性もあるということと、誰からも見られている実感がないので、ネット上で公開されているものということを忘れて、人に見られてまずいことを書き込んでしまう可能性もありますので、注意しましょう。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Web運用を中心とした戦略的な企画立案、サポートやホームページ/Webサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web運用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期で更新しています。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
2021年1月よりYouTubeにてWeb運用のおっちゃん・ふにすチャンネルをはじめました。
Web運用の基礎情報やコツ、ポイントなどをお話ししております。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

ふにろぐとは?

でぐち

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にホームページの運営をしている企業のご担当者様向けに、「ホームページ/Webサイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。

このブログについて

ふにす株式会社

ふにす株式会社は大阪の高槻にある「Webを起点に会社の成長を応援するパートナー」をモットーに、Webにまつわるいろいろな問題を解決する、サポートをする会社です。
ホームページでお問い合わせを増やしたい、もっとたくさんの人に見てもらいたいなど、ホームページ/Webサイトを活用したい方向けの活動を行っています。
また、ホームページの作成や、外部パートナーとしての運用サポートなど、幅広くWebにまつわる諸々のことをおこなっております。
どのようなことを頼めるのかをまとめてみましたので、ご確認ください。

ふにすにはどんな仕事が頼めるの?

ブログ内検索

サービス

ふにすWeb相談所

ホームページの運用お得情報

ホームページ/Webサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Webサイトの運用に関する情報

お問い合わせ

ホームページを成功させたいとお考えの方はお気軽にご相談ください。
ご相談は、下記の中からお好きなものを選んでいただければ大丈夫です。

  • メールで問い合わせる
  • チャットワークで問い合わせる
  • Facebookで問い合わせる
  • Twitterで問い合わせる

LINE@でも相談を受け付けています。
QRコードから友達登録を行って、メッセージを送ってください。

LINE@

最新記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧