ホームページの更新時のポイント。お客さんの意見を反映する。

Publish2017/08/04(金)

ホームページの更新時のポイント。お客さんの意見を反映する。

先日ふにすWeb相談所に相談に来られたお客さんにホームページの運用についてのアドバイスをしていたんですが、その時にアドバイスした内容をまだブログに書いていなかったような気がするので、あらためて書こうと思います。
今回書く内容は、タイトルにもあるようにホームページを更新するときに困る「何を更新すればいいのか?」という点を解決するための一つのヒントです。
「ホームページを更新する」と一口で言ってもいろいろな方法がありますが、今回紹介するのは「ホームページに実際のお客さんの声を取り入れる」という手法です。

先日相談で聞いて思っていたこと

まず、先日話を聞いていた時のエピソードを紹介します。
詳しく書くとアレなので、だいぶぼやかして書きますので、その点は予めご了承ください。
先日相談に来られたお客さんは、ある業種のアドバイザー的な立ち位置で仕事をされている方で、事業を始めてまだちょっとしか経っていなく、これからお客さんをホームページ経由で集めたいということで相談に来られました。
ホームページを公開して1か月で、問い合わせはすでに数件いただいているということで、状況としては悪くない感じでしたが、まだ始めたばかりということもあり、それは「大丈夫なのか?」「駄目なのか?」という判断がつかないので聞いてほしいということでしたので、率直に僕の意見を聞いてもらいました。
その中で、数件お問い合わせいただいているお客さんの中から、「こういうことを言われたんですが、どう思われますか?」という質問をされました。
この質問がとても面白くて、相談に来られた方は「そういう風に思ってお問い合わせされるとは思わなかった」という意見でした。
この感じが非常に面白くて、やはりサービス提供側とお客さん側では、実際に感じるポイントに差異があるということがわかります。

提供側で思っている利点とお客さん側で感じる利点の違い

これは具体的にどういうことかと言いますと、提供側としては「そんなことは普通」と思っていることが、お客さん側からしたら「それがあるなら問い合わせよう、検討しよう」というきっかけになることがあるということなんです。
先日の相談の場合だと、競合他社では固定料金+都度の手数料が発生する仕組みだったようで、お客さん側からすると「思っているよりもお金がかかったな」という感想が残り、そこに結構不満があったそうです。
ですが、相談に来られた方は固定料金のみでサービスを提供しており、都度の手数料は不要でした。
それは相談に来られた方からすると「当然のこと」だったので、料金メニューの項目の下に小さい文字で注釈として「料金は固定のみとなりますのでその他の費用は不要です」と書いていました。
しかし、実際にホームページを見ていたお客さんは、競合他社の都度の手数料に対して不満を抱いていたので、ホームページに小さく記載してある「都度の手数料はかからない」という部分が決め手になり、お問い合わせをしてこられたということでした。
このように、提供側とお客さん側で感じるメリットには温度差があり、その温度差を提供側が察するというのは難しいことが多いので、利用してくれるお客さんに聞いてみることでその温度差を感じることができるようになります。

ここがポイント実際に話を聞いてみないとお客さんの気持ちは分からない。

ホームページにお客さんの意見を反映させるメリットについて

では、その感じて知り得た温度差の問題を実際にホームページに反映させることでどのようなメリットがあるのでしょうか。
一番大きいのは、そのホームページで「お問い合わせのきっかけになる訴求ポイントを大きく打ち出すことができる」ことによる、お問い合わせ数の増加が見込めるという点です。
ホームページを見てもらう目的はいろいろあるかと思いますが、「まず問い合わせをしてもらう」ことによって、お客さんとの接点を作ることが重要です。
しかし、お客さん側も問い合わせするためには多少の労力と「面倒くさい」というネガティブな感情が発生するので、お問い合わせをしてもらうためには、これらのネガティブな感情を超えるメリットを感じる必要があります。
その時に、お客さんがお問い合わせをするためのきっかけや背中を押す要因となるのが「心に刺さる訴求ポイント」です。
ここでいう「心に刺さる訴求ポイント」こそが、提供側とお客さん側の温度差によって違ってきているわけなので、そこの温度差を解消し、お客さんが望むものをホームページで打ち出すことでお問い合わせをしてもらえる可能性が高まってきます
ホームページを更新する場合、どうしても「アクセス数を増やす」「PVを増やす」などの外的要因となるポイントで物事を考えがちですが、このように「お客さんが望むことが何か」を考え、その内容に合わせてホームページの内容を変更するという更新方法もあります。
この場合、アクセス数などを増やさなくても、お問い合わせ数を増やすことができるようになります。
ホームページの目的が「お問い合わせをしてもらう」という場合であれば、「アクセス数を増やす」のはあくまで手段でしかないわけなので、本来のゴールである「お問い合わせをしてもらう」を実現するためにはお客さんの意見に合わせてホームページを更新する方が近道だったりもします。
また、この形でホームページを更新していくということを続けていくと、「アクセス数を増やす」タイプの更新を合わせて行っていくことで、お問い合わせ数をさらに伸ばしていくこともできるようになっていき、さらにホームページの更新の効果が上がってきます。
今のホームページで、実際のお客さんとの温度差がないかどうかをこれまで考えていなかった場合は、一度視点を変えてお客さんの声に耳を傾けてみることをお勧めします。

ここがポイント同じ数のアクセス数で倍の結果を出すこともできるのはこの方法です。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Webサイトの運用を中心とした戦略的な企画立案、サポートやWebサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web活用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を平日毎日更新中。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
また、不定期で大阪を中心にWeb運用やブログなどをテーマにしたイベント「ふにセミWS」を開催しています。
サイトの運用や活用にお困りの方はお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

About

ふにろぐとは?

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にサイトの運営をしている企業のご担当者様向けに、「サイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。
その他には僕自身の考え方なども書いています。

このブログについて

ふにすのお仕事

このブログを書いている「でぐち」がしている「ふにす株式会社」は大阪と京都の間にある高槻という街で、Webの運用サポートを中心に活動しています。
Webサイトの制作とかもしてますが、ブログを続けるためのサポートとか、会社をどうやってPRすればいいんだろうとか、そういうふわっとした事を相談してください。
どういう内容を相談できるのかをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

ふにすにはどんな仕事が頼めるの?

ふにすWeb相談所

ソーシャルとか。

NewEntry

PickUP

Webサイトの運用に関する情報

ふにろぐで取り上げたWebサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Category

Month