サイトからのお問い合わせをTwitterDMで。その効果と使用メリット、手順など。

Publish2016/08/26(金)

サイトからのお問い合わせをTwitterDMで。その効果と使用メリット、手順など。

昨日こんなニュースを見たので、早速やってみてこれはいいなと思ったので紹介です。
そのニュースがこちら。
Twitter、Webサイトに貼れるDM(ダイレクトメッセージ)ボタンの提供を開始

サイトのお問い合わせの新しい選択肢Twitterの「Message Button」

このニュースを見たときに、僕が真っ先に思いついたのは「これは業種によってはお問い合わせ数を激増させる方法になるな」ということでした。
どういうことかというと、これまでサイトを見ていた人から、サイト運営者にお問い合わせのためのアクションを起こす方法といえば、主なものだと

  • メールフォームやメーラーからメールを送信
  • 電話をかけてもらう
  • 外部サイト(TwitterやFacebook、その他のSNSなど)に誘導してDMを送ってもらう

といった方法がありました。
中でも未だに主流なのは「メールを送ってもらう」方法です。
その大きな理由としては、サイトに埋め込んで使用することができるので、サイトを見ている人から直接アクションを起こしてもらえるという理由があります。
しかし、お問い合わせフォームにしろ、メールを直接送るにしろ、入力する項目が多いので、「気軽に相談することができる」かといえば、ちょっと難しいです。
外部サイトに一旦誘導してからメッセージを送ってもらうようなことにしている場合だと、そこまでの間に離脱する人も多いし、そこにたどり着けない人も出てきます。
それら現状で行われている方法の不満点をカバーできるのが、「Message Button」です。

Message Buttonのメリットはどこになるのか

まず考えられるメリットは、「アクションに到達するまでの速さ」。
「Message Button」のすごくいいなと思うところは、サイト内にリンクを埋め込んでおけば、クリックひとつでサイト運営者にDMを送ることができるという点につきます。
ご存知のように、TwitterのDMはかなり昔からあります。
でも、サイトを見ていた人が、わざわざTwitterのアカウントを見てくれて、そこから問い合わせのDMを送ろうというのは手順としては遠いので、サイトからのお問い合わせの手段としてTwitterのDMをメインで使用する人は多分あまりいなかったと思います。
しかし、「Message Button」をサイトに埋め込めば、そこらへんの流れをすっ飛ばしていきなりDMを送ることができるので、かなり早くアクションを起こすことができます。
ユーザー側からすると、めんどくさい手順が省けて楽ですし、サイト運営者側から見ても離脱率の改善が見込まれるので、双方にとってのメリットがあります。
次に考えられるメリットは「対応スピードと気軽さ」。
メールでのお問い合わせでの問題点というか、メールの利用習慣上、最初に「〇〇様」から始まり、署名に至るまでの定型文を使用するという文化があるので、それをわざわざ書くのが面倒だという側面があります。
この問題点は、チャットワークなどのチャットツールが広まり、ビジネス上のやり取りをメールからチャットに変えた時にも話題になりましたが、無駄な文章を入力する必要がなくなるので「対応スピードの速さ」が向上します。
対応スピードの速さは、ビジネスのスピードにも直結する重要な要素なので、ここが改善できると非常に大きいです。
チャットと同様に、TwitterのDMにも署名や定型文などを入れる利用習慣はないので、お客さん側からするとかなり気軽な感じでやり取りをすることが可能になります。
やり取りをする上でのめんどくささが減れば、お問い合わせというアクションを起こすための障壁が減ることになりますので、お問い合わせ数自体が増えるということは大いに考えられます。
メリットだけ書くのもよくないので、デメリットも書いておきますが、考えられるのはビジネスにつながる確度は多分まず間違いなく低くなります。
気軽に相談できるということは、逆に考えると今まできちんとビジネスとして対応してくれようとしていたお客さんがお問い合わせをしてくれていたということになりますが、気軽にDMを送れるようになるので、ビジネスには直接つながらないようなやり取りが発生する可能性もあるでしょう。
この辺は、利用する層や自分たちのビジネスを考えた上で、採用するかどうかを考える必要はあります。
また、いたずらや冷やかし、スパムの増加なども考えられます。

ここがポイント自分たちのビジネスと相性がいいか、利用によって得られるメリットとデメリットを比較して検討することが大切

Message Buttonの設定方法・埋め込み手順

では、実際にどういう手順でサイトに埋め込むのかを説明します。
手順としては以下のような感じです。

  1. Twitterのアカウント設定を変更する
  2. Twitterのコード作成サイトからコードを取得
  3. サイトに埋め込む

かなり大雑把ではありますが、大きく分けて3つの手順を踏むことでサイトに埋め込むことができるようになります。

Twitterのアカウント設定を変更する

まず最初に行うのは、Twitterアカウントの設定変更と確認です。
というのも「Message Button」を使用する場合は、DMを受け取る側のアカウントが「すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信する」の項目にチェックが入っていないとコードを生成することができません。
「すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信する」の項目にチェック
なのでまずは下記のURLで設定をご確認ください。
https://twitter.com/settings/security
なお、上記のURLはPCでの設定の画面になりますので、アプリなどで設定を行う場合は下記の公式のマニュアルを確認してご対応ください。
すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信するには
設定が変更されると、事前準備は完了です。

Twitterのコード作成サイトからコードを取得

次は、サイトに埋め込むコードを生成します。
まずは下記URLのTwitterのコード作成サイトにアクセスします。
https://publish.twitter.com/#
このページをスクロールすると4つの選択肢が出てきますので、その中から「Twitter Buttons」を選択します。
Twitter Buttonsを選択
続いて、「Message Button」を選択します。
Message Buttonを選択
すると、ここで「username」と「user ID」を尋ねられます。
usernameとuser IDを入力する
「username」は@から始まるアカウント名ですが、「user ID」はあまり聞きなれません。
それもそのはずで、わざわざ設定画面の奥の方に入っていかないと自分の「user ID」を見つけることができません。
こちらのリンクから自分の「username」と「user ID」が確認できます。
https://twitter.com/settings/your_twitter_data
なお、このリンク先に入るためには、パスワードの認証を求められます。
パスワード人認証が通ると、下記の画面のように、「username」と「user ID」が確認できます。
「username」と「user ID」を確認
Twitterのコード作成サイトでその情報を入力すると、情報の入力は完了です。
入力に成功し、アカウントの設定で問題がなければコードが作成されます。
コード作成完了
ここから「Copy Code」をクリックすると、コードの内容がクリップボードにコピーされます。
コピー完了
この画面が出たら埋め込みコードの作成は完了です。

サイトに埋め込む

では次に実際にサイトに埋め込みましょう。
コピーされたコードを、サイトに貼り付ければ、すぐに動作します。

そんなわけで早速やってみた。ボタンは自由にカスタムできる感じです。

「user ID」がちょっとわかりづらいですが、基本的にはすごく簡単にできます。
なので僕も早速Web相談所のお問い合わせボタンをTwitterのDMの埋め込みに変更することにしました。
ここで、コードをそのまま貼ってもよかったんですが、生成されたコードを見ると、ただのリンクタグだったので、もしかしてこれは普通にコードを変更すれば通常のリンクボタンと同じようにcssでスタイルつくって対応できるなということに気付きます。
なので、物は試しでやってみるとうまく動きました。
https://funnis.net/fufu/
一番下と中段にあるボタンを変更。
コードでいうと

という感じにして対応できます。

余談

なぜweb相談所のサイトをTwitterのDMにしたかというと、例えば「これkらいっても大丈夫ですか?」みたいな質問があった場合、わざわざメールしてもらうのも面倒だろうなという理由からです。
TwitterのDMであれば、「大丈夫ですよ」とか「あと1時間後くらいには行けると思います」とか、そういうやり取りが迅速に行えるようになるからです。
そういう部分のコミュニケーションの障壁を少しでも少なくすれば、より便利に利用できると思うので採用してみました。

より効果的に使うためには、通知の設定を見直すことが重要

サイトへの埋め込みはこれで完了ですが、せっかくサイトに埋め込んでもDMが届いたことをリアルタイムで知ることができなければ、せっかくレスポンス早く返せるDMのメリットを生かしきれません。
なので、各種通知の設定をして、DMが届いたことをすぐに把握できる環境作りを行います。
まずはデスクトップでの通知。
Twitterの最上部にある「メッセージ」をクリックすると下記のような画面が表示されます。
デスクトップ通知も設定
ここで通知設定を行うと、デスクトップでの通知を受け取ることができます。
次に、メールでの通知設定を行います。
https://twitter.com/settings/notifications
にアクセスすると、次のような画面が出ます。
メールでの通知を設定
ここで「ダイレクトメッセージを受けとったとき」にチェックを入れることで、DMが届くとメールで届いたことを把握できます。
他にも、スマホで使用しているTwitterなどのクライアントアプリの設定や通知設定などを行って、スマホでも通知を受け取るようにすれば、もれなく対応が可能になってきます。
通知をしっかり受け取って、DMのメリットを最大限に生かせるようにしましょう。

ここがポイントサイトに埋め込むだけでなく、その後のやり取りを想定して準備を整えておきましょう。

まとめ

メールフォーム自体もよいとは思いますが、それ以外の選択肢として、非常に有益は手段であることはまちがいないかと思います。
もちろん利用者層の問題や、業種の問題などで、TwitterのDMがベストではない場合も多くあります。
しかし、ユーザー層や特定の業種の場合によっては、Twitterのアカウントの所持率とアクティブ率が高く、メールよりも有効な手段として活用できる場合もあるかと思います。
採用の可否はともかくとして、手段としてこういう手段を取ることもできるという選択肢を持っておくこと自体は非常によいことだと思います。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Webサイトの運用を中心とした戦略的な企画立案、サポートやWebサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web活用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期で更新しています。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
また、不定期で大阪を中心にWeb運用やブログなどをテーマにしたイベント「ふにセミWS」を開催しています。
サイトの運用や活用にお困りの方はお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

ふにろぐとは?

でぐち

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にサイトの運営をしている企業のご担当者様向けに、「サイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。
その他には僕自身の考え方なども書いています。

このブログについて

ふにす株式会社

ふにす株式会社は大阪の高槻にある「Webを起点に会社の成長を応援するパートナー」をモットーに、Webにまつわるいろいろな問題を解決する、サポートをする会社です。
ホームページでお問い合わせを増やしたい、もっとたくさんの人に見てもらいたいなど、ホームページ/Webサイトを活用したい方向けの活動を行っています。
また、ホームページの作成や、外部パートナーとしての運用サポートなど、幅広くWebにまつわる諸々のことをおこなっております。

ブログ内検索

サービス

ふにすWeb相談所

ホームページの運用お得情報

ホームページ/Webサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Webサイトの運用に関する情報

お問い合わせ

ホームページを成功させたいとお考えの方はお気軽にご相談ください。
ご相談は、下記の中からお好きなものを選んでいただければ大丈夫です。

  • メールで問い合わせる
  • チャットワークで問い合わせる
  • Facebookで問い合わせる
  • Twitterで問い合わせる

LINE@でも相談を受け付けています。
QRコードから友達登録を行って、メッセージを送ってください。

LINE@

最新記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧