コンテンツにはストーリーを

Publish2014/11/18(火)

今日はコンテンツとストーリーの話をします。
先日書いた「Web活用の実例:よくある質問を作って運用するの巻」でも歯医者さんを探す例としてひとつのストーリーを考えてみましたが、これはほとんど全ての場合に有効な考え方だと思っています。
その理由や効果について書いてみたいと思います。

大切なのは分かりやすさ

まず、なぜコンテンツにストーリーが必要なのかという事を考えてみましょう。
答えは簡単で、コンテンツを使うのが人間だからです。
その使う人がどういう人でどこからどういう経緯で何を求めてそのコンテンツにたどり着き、そのコンテンツからどういう答えを出してほしいのか、どういう結果を望んでいるのかを考える事が、そもそものサイト自体の目的だからです。
サイトの運営をする目的と、利用してもらう人の目的が一致しないと成果はあげられない事を考えれば当然の事なんですが、こういう最も基本的で大切な事は以外と忘れがちです。
日々の変化に気を取られて本質を見失ってしまっては、何のためにサイトを運営しているのか分からないという状況になります。
ちょっと話がそれたので戻します。
コンテンツを見てもらい、目的を達成してもらうためにはその道筋が「分かりやすい」ものである事が重要です。
見る人が見たら分かるというものも中にはありますが、基本的にはどんな人にも等しく同じ情報を提供できる、同じレベルで理解してもらえる事ができなければ、せっかく見てもらえたとしても理解できずに去ってしまう事になります。
「まず理解してもらうための第一歩」として分かりやすさは外す事のできない要素と言えるでしょう。

ストーリーに落とし込む事で「伝わる」内容になる

では、その分かりやすさはどのようにして伝えればいいのかという話になると思います。
ここでひとつ思い出してほしいのは「マンガ」です。
以前の記事「これからWebの運用をしようと思っている人向けのWebマンガ2選」でも紹介しましたが、少し専門的で分かりづらい知識を習得する際にマンガという切り口で見てみると非常に分かりやすいという事実があります。
これは、マンガを楽しんでみているうちに内容を覚えるという効果もありますが、物語として知識をインプットする事で記憶に残りやすくなる「エピソード記憶」の効果が出ているためです。
エピソード記憶がどういうものかを知らない方のためにWikipediaから引用します。

エピソード記憶は「一回限り」の学習機構であると考えられている。あるエピソードを一回体験しただけで、それを記憶するのである。一方、意味記憶は繰り返し同じ事物を記憶することが影響する。その事物に触れるたびに脳内の意味表現は変化していく。
エピソード記憶は意味記憶に存在する各項目を結びつける「地図」のようなものと考えることができる。例えば、意味記憶はあなたの飼い犬の外見や鳴き声を記憶している。あなたの飼い犬に関するエピソード記憶群は「犬」という意味表現を参照しており、その犬に関する新たな体験によってあなたの飼い犬についての意味表現は更新されていく。
研究者によっては、エピソード記憶は常に意味記憶に洗練(精製)されていると考えている。その場合、特定のイベントについてのエピソード的情報は一般化され、イベント的詳細は失われる。この考え方の派生として、繰り返し思い出されるエピソード記憶は一種のモノローグとして記憶されるという見方がある。例えば、あなたがある出来事について繰り返し話をした場合、それは既にあなたにとっては「イベント」ではなくなり、あたかも物語を語っているように感じていることに気づくだろう。
エピソード記憶

簡単にいうと、人は物語として物事を記憶する生き物だという事です。
そういう人間の特性を生かす事で、物事を記憶させやすくする=物事が分かりやすい形で伝える事ができているという事に繋がるかと思います。
そう考えると、コンテンツ自体にも「物語」の要素を入れる事で分かりやすく伝わりやすいものになるのではないでしょうか。
ここでいいたいのは、全てを物語風にすべきだという事ではなく、コンテンツ自体の流れ・ストーリーを作る事が必要という事です。
例えば、最初に何を見せるべきなのか、説得力を増すために伝えるためには何が必要か、具体的にお客さんに体験をイメージしてもらうためには何が必要か、それらの条件が揃えばお問い合わせに繋がるか、不足している情報はないかといった事を考える事が大切だと思います。
まずは、作るコンテンツが「分かりやすいかどうか、伝わる内容かどうか」を重要に考え、そのためのストーリーを作るというプロセスを取り入入れる事でより魅力的なコンテンツを作る事に繋がるのではないでしょうか。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Web運用を中心とした戦略的な企画立案、サポートやホームページ/Webサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web運用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期で更新しています。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
2021年1月よりYouTubeにてWeb運用のおっちゃん・ふにすチャンネルをはじめました。
Web運用の基礎情報やコツ、ポイントなどをお話ししております。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

ふにろぐとは?

でぐち

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にホームページの運営をしている企業のご担当者様向けに、「ホームページ/Webサイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。

このブログについて

ふにす株式会社

ふにす株式会社は大阪の高槻にある「Webを起点に会社の成長を応援するパートナー」をモットーに、Webにまつわるいろいろな問題を解決する、サポートをする会社です。
ホームページでお問い合わせを増やしたい、もっとたくさんの人に見てもらいたいなど、ホームページ/Webサイトを活用したい方向けの活動を行っています。
また、ホームページの作成や、外部パートナーとしての運用サポートなど、幅広くWebにまつわる諸々のことをおこなっております。
どのようなことを頼めるのかをまとめてみましたので、ご確認ください。

ふにすにはどんな仕事が頼めるの?

ブログ内検索

サービス

ふにすWeb相談所

ホームページの運用お得情報

ホームページ/Webサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Webサイトの運用に関する情報

お問い合わせ

ホームページを成功させたいとお考えの方はお気軽にご相談ください。
ご相談は、下記の中からお好きなものを選んでいただければ大丈夫です。

  • メールで問い合わせる
  • チャットワークで問い合わせる
  • Facebookで問い合わせる
  • Twitterで問い合わせる

LINE@でも相談を受け付けています。
QRコードから友達登録を行って、メッセージを送ってください。

LINE@

最新記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧