画像の切り抜きやリサイズなどの加工ができる「fotor」

Publish2017/04/26(水)

画像の切り抜きやリサイズなどの加工ができる「fotor」

今日は画像の切り抜きやリサイズなどの加工ができるWebサービス「fotor」を紹介します。
fotorは基本的に無料で画像の加工(切り抜きや回転、リサイズ、色調補正などのレタッチ)ができるサービスです。
画像の加工だけでなく、コラージュ、カバー画像などデザインの作成もでき、オンライン版もアプリ版もあるので、色々なシーンで使いやすいサービスです。
http://www.fotor.com/jp/

fotorでできること

まずfotorでできる事をざーっと羅列すると以下のような感じになります。
見てわかるように、ある程度「これは押さえておきたいな」というポイントは確実に取りに来ている感じです。

  • 画像の切り抜きができる
  • 画像の回転ができる
  • 画像の明るさやコントラスト、彩度を調整できる
  • 画像の露出などを調整できる
  • 画像の色調整/色調補正ができる
  • 画像のリサイズができる
  • コラージュが作れる
  • カバー画像などが作れる

キャプチャ画面を見ながら、実際にやってみた感じで説明します。
なお、今回はこのイルカを使って説明します。
余談ですが、イルカが説明ということを懐かしむ人もいるとかいないとか。
イルカが説明

画像の切り抜きができる

画像の切り抜きができる
切り取りはサイズを指定しても対応可能です。
切り抜きたいエリアをドラッグして使う感じですので、誰でも直感的にできるかと思います。

画像の回転ができる

画像の回転ができる
回転は任意の角度での対応も可能で、もちろん90°ごとの回転もできます。

画像の明るさやコントラスト、彩度を調整できる

画像の明るさやコントラスト、彩度を調整できる
「明るさ」「コントラスト」「彩度」「シャープネス」を調整できます。

画像の露出などを調整できる

画像の露出などを調整できる
画像の「露出」を調整したり、ハイライトやシャドウも追加することができます。

画像の色調整/色調補正ができる

色温度なども変更できる。
色温度とトーンも変更できます。
トーンカーブで調整できる。
トーンカーブで色調補正もできます。

画像のリサイズができる

画像のリサイズができる
単なるリサイズもできます。
数値で設定もできるので、便利ですね。

コラージュが作れる

コラージュが作れる
コラージュも簡単に作成できます。レアイアウトのパターンが用意されているので、便利です。

カバー画像などが作れる

カバー画像などが作れる
色々なサイズが最初から用意されているのが便利で、わざわざサイズを確認する手間が省けます。
ソーシャルのヘッダーなどはもちろんですが、各投稿に使用する画像などの作成にも使えます。
テンプレから選んでデザイン
テンプレから選んでデザインを作成することができるので、デザイナーではない人たちでも一定レベル以上のものを作ることができやすくなっています。
編集にはPhotoshopなどと同様にレイヤーの概念が必要なので、そこが理解できていないとちょっとつらいかもしれませんが、そこがわかっていればかなり自分の好きな形で画像の作成を行うこともできるかと思います。

fotorのここがいいなと思うポイント

使ってみてわかったのは、fotorはサイトの運用担当者が知っておいて損はないツールだなという点です。
まず、機能的には全く問題がなく使えました。
それどころか、カバー画像などをデザインしたりすることも、あらかじめサイズを用意してくれているので下調べとかいらないという点もうれしいところです。

基本的に無料で使える

fotorの利用は基本的には無料で行なえます。
一応有料版とかもありますが、無料機能で開放されている部分だけでも十分実用にたえることができるツールだと思います。
無料だからいいということでもないですが、多くの人が利用しやすい状況にあるというのは大切ですね。

オンラインでも使えるし、アプリでも使える

オンライン版のみではなく、iPhoneのアプリやAndoridのアプリ、Mac/Windowsのアプリなど、使用できる環境が整っています。
オンラインでもオフラインでも、出先でもオフィス内でも使えるので、かなり汎用性も高い感じでした。
アプリの画面
アプリの画面
アプリでも似たようなことができる
アプリでも似たようなことができます。単に画像の調整用アプリとしても使えます。

サイトを見て感じたこと

ここまでこのサービスのいい点ばかりを書いてきたので、ここからはもうちょっとここどうにかならんかったんかなーという点を書きます。
なお、サービス自体はまあ使いやすくて特に問題はないように思ったんですが、ここから書くのはサービスのサイトについて思うところです。

翻訳がおかしい

あと、気になったのがサイト内随所で見られる「おかしな日本語」。
サービス開発元が英語圏のようなので、おそらくそれのローカライズ版ということだと思うので、翻訳が変なのも理解できますが、きちんとした翻訳をしなかったのかとか、誰も公開後にその違和感に気付けなかったのかとか、色々と思うところはあります。
ある意味ちょっとおもしろかったので、その一部を紹介します。
不思議な旅に旅立つらしい
不思議な旅に旅立つらしい
タップして強化?なにを?
タップして強化?なにを?
より凄い映画?
より凄い映画?
霊感を啓発
霊感を啓発?
といった感じで、「これはちょっとどうにかならんかったんか」と思えるレベルの翻訳です。
というか、たぶん翻訳して起こしたテキストではなくて、自動翻訳をそのまま貼り付けたんでしょうね。
サービス展開するならこういうところには気をつけてほしいなと思います。

まとめ

アカウント取得までの導線がおかしいことや、翻訳がイマイチな感じなのはサイト側の問題なので、ちょっとそこについてはいったん置いといて、サービス単体で見た場合はかなり使えるツールであることは間違いありません。
まず利用して試してみてもいいサービスだと思います。
http://www.fotor.com/jp/
fotor-02
アプリ版はこっち

追記

fotorの運営元から、丁寧にご連絡をいただき、アップデートされたことを知りました。
アップデートによって、動作が早くなったこと、新しい機能が追加されたことなどがわかりましたので、記事内容を変更しました。
また、前回この記事で指摘していた「ログインがわかりづらい問題」が解消されていたので、この記事からも削除しました。
こうやってアップデートが行われていき、問題が改善していくのを確認するのは楽しいですね。
公式サイトの方はよくなりましたが、アプリの方のサイトの変な日本語はそのままなので、早めに直したほうがいいかとは思います。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Webサイトの運用を中心とした戦略的な企画立案、サポートやWebサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web活用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期で更新しています。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
また、不定期で大阪を中心にWeb運用やブログなどをテーマにしたイベント「ふにセミWS」を開催しています。
サイトの運用や活用にお困りの方はお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

ふにろぐとは?

でぐち

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にサイトの運営をしている企業のご担当者様向けに、「サイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。
その他には僕自身の考え方なども書いています。

このブログについて

ふにす株式会社

ふにす株式会社は大阪の高槻にある「Webを起点に会社の成長を応援するパートナー」をモットーに、Webにまつわるいろいろな問題を解決する、サポートをする会社です。
ホームページでお問い合わせを増やしたい、もっとたくさんの人に見てもらいたいなど、ホームページ/Webサイトを活用したい方向けの活動を行っています。
また、ホームページの作成や、外部パートナーとしての運用サポートなど、幅広くWebにまつわる諸々のことをおこなっております。

ブログ内検索

サービス

ふにすWeb相談所

ホームページの運用お得情報

ホームページ/Webサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Webサイトの運用に関する情報

お問い合わせ

ホームページを成功させたいとお考えの方はお気軽にご相談ください。
ご相談は、下記の中からお好きなものを選んでいただければ大丈夫です。

  • メールで問い合わせる
  • チャットワークで問い合わせる
  • Facebookで問い合わせる
  • Twitterで問い合わせる

LINE@でも相談を受け付けています。
QRコードから友達登録を行って、メッセージを送ってください。

LINE@

最新記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧