おいしいラーメン屋さんが繁盛している理由を考えるとすごく勉強になる

Publish2014/12/16(火)

昨日書いたCSS Niteの記事からも分かるように、先週末は東京におりました。
勉強したり、東京の友人に優しくしていただいたりして非常に満足した週末をおくる事ができたわけですが、そのcssnite参加前に用事で渋谷に行く機会があったので、かねてより気になっていた渋谷のラーメン屋さん「町田商店」に行ってみました。
気になっていた理由としては、最近僕が家系ラーメンが好きな事と、このお店が異常なまでにうるさいという評判からです。
普段食事の事を書かない僕が記事にも書くぐらいなので、まあ相当によかったわけです。
すごく幸せな時間を過ごせて、なんでこんなに幸せになっているんだろうとか考えていると、いつものように色々とヒントがありました。
そこでその中で考えていた2つについて書いてみようと思います。

味へのこだわり

ラーメン屋さんの市場の事をまず考えてみると分かるんですが、ラーメン屋さんは競合が非常に多いんですよね。
でも、人気店には必ずと言っていいほど常連がいるし、あそこじゃないと食べれないという人もいるぐらい人のこだわりが見えてくる場所でもあります。
味の好みは千差万別なので、絶対的な正解はないわけです。
ビジネス的に言い方をすると超レッドオーシャンです。
そんな過酷な競争を勝ち抜くためには、「誰もがおいしい」という味を目指す事もあれば、「あの人がおいしいって言ってくれる」事を目指すこともあります。
今回の町田商店は、いわゆる家系という豚骨醤油のラーメンなのでけっこう一般的には好きな人が多い方かも知れないですが、味はけっこう濃いので好みは分かれると思います。
あっさりしているのが好きな人にはあんまりおいしくないと感じるかもしれませんので、「誰もがおいしい」という方向性ではないと思っています。
その考えがベースにあると、提供するラーメンにこだわりがなければ、最低でも「家系」の事が好きな人には絶対においしいといってもらえない事になりますので、商売は成り立たないと思うんですよね。
ラーメンへのこだわりは、つまり「商品に対する妥協のなさ」と「品質へのあくなき追求」ともいえると思います。
このこだわりがある事が前提にあり商品(ラーメン)があるからこそ、「お店の活気の良さ」というエンターテイメント性も嫌みなく受け入れられて宣伝効果があると思いませんか?
単にうるさいだけのあんまりおいしくないラーメンの店ならけっこうあると思いますし。
やはり提供する商品という、根本的な部分があるからこそだなと思った次第です。

感謝の気持ち

そして、僕がすごいなと思ったのは食べ終わってお店を出た時です。
僕が行ったのが土曜の11時という開店直後だった事もあり、あまりお客さんがいなかったからというのもあると思いますが、食べ終わってお店を出る時にドアを開けてくれて大きな声で「ありがとうございました!」と言ってくれました。
それこそ周りに響き渡るくらいの大きい声だったのでけっこう恥ずかしかったんですけど、そのあとも僕の姿が見えなくなるまで頭を何度も下げて見送ってくれました。
正直そこまでするお店って車のディーラーとか、海外の有名ブランドくらいしかないと思うんですが、まさかラーメン屋さんでそこまでされると思ってなかったのでかなりびっくりしました。
と同時に、すごくいい気分になってきて味もめっちゃおいしかったし、お店の感じもすごくいいのでまた絶対いこうと思ったんです。
ここで気付くと思いますが、僕はこの時点で完全にこのお店の「ファンになった」わけです。
人によって感じるポイントは違うとはいえ、「ただの興味があるお客さん」が「またこようと思うファン」に変わったという事です。
たった1回の来店で。
これが実現できている理由は、やはり「味へのこだわり」そして「感謝の気持ち」という二つの要素ががっつり僕の心をとらえたからに他なりません。
どちらかがかけていたら「いつか食べたおいしかったあのお店ってなんていうお店だったっけ?」のリストの入る事案です。
まあ本当においしいお店はサービスが最低でも行くという場合があるので、必ずしも正解であるとはいえませんが、より多くの人の心をつかむという事であればすごく基本的なアプローチだと思うんですよね。
この2つの事を考えたら、この考え方はきっとどのビジネスでも根本は同じ部分だという事が分かってくるように思いますし、何より今の自分のサービスの向上を考えれば勉強にならないわけがありません。
自分が好きなお店の事を、「なぜ自分はここのお店が好きなんだろう?」と考えていくと、きっと面白い事実を発見できると思いますので、けっこうおすすめです。
最後に、今日この記事書いたきっかけの一杯。
最高においしかったので、また行きたい。
ラーメン

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Web運用を中心とした戦略的な企画立案、サポートやホームページ/Webサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web運用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期で更新しています。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
2021年1月よりYouTubeにてWeb運用のおっちゃん・ふにすチャンネルをはじめました。
Web運用の基礎情報やコツ、ポイントなどをお話ししております。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

ふにろぐとは?

でぐち

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にホームページの運営をしている企業のご担当者様向けに、「ホームページ/Webサイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。

このブログについて

ふにす株式会社

ふにす株式会社は大阪の高槻にある「Webを起点に会社の成長を応援するパートナー」をモットーに、Webにまつわるいろいろな問題を解決する、サポートをする会社です。
ホームページでお問い合わせを増やしたい、もっとたくさんの人に見てもらいたいなど、ホームページ/Webサイトを活用したい方向けの活動を行っています。
また、ホームページの作成や、外部パートナーとしての運用サポートなど、幅広くWebにまつわる諸々のことをおこなっております。
どのようなことを頼めるのかをまとめてみましたので、ご確認ください。

ふにすにはどんな仕事が頼めるの?

ブログ内検索

サービス

ふにすWeb相談所

ホームページの運用お得情報

ホームページ/Webサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Webサイトの運用に関する情報

お問い合わせ

ホームページを成功させたいとお考えの方はお気軽にご相談ください。
ご相談は、下記の中からお好きなものを選んでいただければ大丈夫です。

  • メールで問い合わせる
  • チャットワークで問い合わせる
  • Facebookで問い合わせる
  • Twitterで問い合わせる

LINE@でも相談を受け付けています。
QRコードから友達登録を行って、メッセージを送ってください。

LINE@

最新記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧