契約範囲外の仕事について思うことあれこれ

Publish2018/10/09(火)

契約範囲外の仕事について思うことあれこれ

今日は、仕事のあり方というか、考え方の部分で思うことがあったので、その件について書こうと思います。

契約外なので対応できませんと突っぱねることについて

今僕がしている仕事で、他の会社(ここではA社とする)が対応してくれない部分を対応するというような内容の仕事があります。
わかりやすくいうと、A社は新規の制作だけ、僕はそのサイトの修正やメンテをするという感じです。
それ自体はサイトの運用ではよくあることなので、それが悪いという話ではなくて、そのA社というのが、「これは契約の範囲外なので、対応はできません」って結構頻繁にお客さんからの依頼を突っぱねます。
まあ、契約内容にそういう部分が含まれてないので、そのA社の対応もわからないでもないですし、当然といえば当然なんですが、そこまで強情に突っぱねんでもええんちゃうかな?と思う部分もあり、もやもやしています。
その依頼内容が、業務的にすごく負荷が高いとか、サービスで対応するようなものではないとか、その場合はもちろん断って当然だとは思うんですが、それってそっちにしかできんやん(というふうにお客さんが考えている)ということについての相談とか、100%ではなく10%程度だけでもしてあげたら(どうこうするといいですよっていうアドバイスとか代替手段を教えてあげるとか)全然違うのになーという風にどうしても考えてしまうんです。
というのも、そのお客さんからすると、契約の範囲外だということはもちろんわかった上で、それでも困っているから相談しているわけです。
なにも、何でもかんでも無償で対応してくれと言っているわけではないんですよね。(お客さんであるという立場を利用して強要してくるような人たちに関してはもちろん例外。)

そう考えると、ある意味藁をもすがるような心境で相談してきている人をシャットアウトするような姿勢というのはいかがなものかなと思います。
上記でも書きましたけど、実際にA社の方が手を動かせないのであれば、担当者の方が対応できる方法をアドバイスしたりとか、完全に突っぱねるのではなく代替案を提示することくらいはできると思うんです。
お客さん側からすると、契約外だということはわかった上で相談しているので、突っぱねられるのも理解はできていても、全く取り付く島もないというのはあまりに救いがなく、拒絶されたような心境になるわけです。

そして、A社に対しての信頼感もなくなり、ある種契約の範囲内で淡々と仕事をするだけになるんです。
こういう話を僕はよく聞く感じになるので、お客さんが今後A社に相談することはないということも聞かされますし、あそこは一切の融通がきかんからもういいわっていう感じになっているのも理解できます。
契約内容はもちろん大事ですが、それだけしか見ていないと最終的に仕事の質も下がってくるようになると思います。

仕事はコミュニケーションが大事とか言ってたのにそれでいいの?

で、そのA社ですが、仕事の絡みで僕もたまに話しをしますが、その時に「やっぱり仕事はコミュニケーションが大事ですよね。いい仕事にするためにお客さんとのコミュニケーションを大切にしています。」とか言ってるんです。
僕はその話を聞くたびに、「よくそんなこと言えるな」と思うわけです。
コミュニケーションが大事って本当に思っているなら、できないならできないなりに、もっとお客さんの気持ちに寄り添った形に代替案を提示したりすることやアドバイスをすることくらいはできるはずですし、するはずだと思うんです。
なので、その話を聞くたびに「この人は言えばいうほど自分の首絞めてんな、自分でそれ気付いてないんかね」と思うんですよね。
まあ僕もコミュニケーションに関して言えば至らない点も多くあり、人に言えた義理でもないかも知れないんですけど、なんというかもうちょっとどうにかならんのかなと思います。

Web運用やサポートはお客さんの気持ちに寄り添うことが仕事だと思う

このようなことが結構あちこちで頻繁に起こっており、その事もあって僕は普段忙しくさせてもらっている部分もあるのですが、こういう話を聞くたびに僕はメインの事業として据えているWebの運用/サポートの根幹の部分は「お客さんの気持ちに寄り添うこと」だなと痛感しています。
契約の範囲外なので無理ですっていうのは、ある意味すごく簡単で(人に強く言えない人からすると難しいことではありますが)、それによって自分を守ることにもなるわけですが、それは同時に相手を拒絶しているように取られるということでもあるということを制作者側は理解する必要があると思います。
契約外でも対応することが美学とかいうつもりもありませんし、基本的には契約の範囲内ですることは前提として大切ですが、時にはイレギュラーな対応をすること、できる場合やできることもあるということを考え、困っているお客さんに寄り添えるような、そういう部分を僕は大切にしていきたいと思います。

ここがポイント契約内容はもちろん大事。でも時にはその範囲を超えて対応する柔軟性も必要だと思う。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Webサイトの運用を中心とした戦略的な企画立案、サポートやWebサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web活用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期で更新しています。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
また、不定期で大阪を中心にWeb運用やブログなどをテーマにしたイベント「ふにセミWS」を開催しています。
サイトの運用や活用にお困りの方はお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

ふにろぐとは?

でぐち

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にサイトの運営をしている企業のご担当者様向けに、「サイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。
その他には僕自身の考え方なども書いています。

このブログについて

ふにす株式会社

ふにす株式会社は大阪の高槻にある「Webを起点に会社の成長を応援するパートナー」をモットーに、Webにまつわるいろいろな問題を解決する、サポートをする会社です。
ホームページでお問い合わせを増やしたい、もっとたくさんの人に見てもらいたいなど、ホームページ/Webサイトを活用したい方向けの活動を行っています。
また、ホームページの作成や、外部パートナーとしての運用サポートなど、幅広くWebにまつわる諸々のことをおこなっております。

ブログ内検索

サービス

ふにすWeb相談所

ホームページの運用お得情報

ホームページ/Webサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Webサイトの運用に関する情報

お問い合わせ

ホームページを成功させたいとお考えの方はお気軽にご相談ください。
ご相談は、下記の中からお好きなものを選んでいただければ大丈夫です。

  • メールで問い合わせる
  • チャットワークで問い合わせる
  • Facebookで問い合わせる
  • Twitterで問い合わせる

LINE@でも相談を受け付けています。
QRコードから友達登録を行って、メッセージを送ってください。

LINE@

最新記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧