GoogleAnalyticsとSearchConsoleの連携【連携確認方法と設定方法】

Publish2016/09/02(金)

Update2022/04/21(木)

GoogleAnalyticsとSearchConsoleの連携【連携確認方法と設定方法】

この記事内ではGoogleAnalyticsのユニバーサルアナリティクスの紹介内容が含まれますが、2023年7月1日以降使用できません。2023年7月1日以降はGA4の使用を推奨します。

今回はあるお客さんから、「GoogleAnalyticsとSearchConsoleを連携させたいけど、どうやっていいかよくわからないから教えて欲しい」という要望があったので、GoogleAnalyticsとSearchConsoleの連携確認方法と設定方法について書いておきます。
今回の話は「アカウントは取得済み」かつ、「各サービスでの設定などがある程度できている、理解している」ことが前提となりますので、まだそこの位置にいない人は、まずアカウントを取得し、サービスを一通りわからないながらでもいいので触ってみてください。
それをふまえた上で、以下ご確認ください。

GoogleAnalyticsとSearchConsoleを連携させるメリット

そもそも、なぜGoogleAnalyticsとSearchConsoleを連携させる必要があるのか、そのメリットはなんなのかを書いておきましょう。
GoogleAnalyticsにしても、SearchConsoleにしても、基本的にはそれぞれ単体で動作するサービスです。
なので、連携させなくても必要なことは事足りるんですが、連携させることでより多くのデータをサービス間で共有させることになりますので、結果的に運用するサイトのデータがより精度の高い状態で利用することができるようになるのが最大のメリットで、ある意味それ以外のメリットはないと言ってもいいくらいです。
一番わかりやすいところでいうと、GoogleAnalyticsに増えるSearchConsoleの「検索クエリ」があります。
このデータは、SearchConsoleと連携することで、検索結果上のどのキーワードが「どんな掲載順位で」「どのくらいの回数表示されて」「どのくらいクリックされて」「クリック率は何%あるのか」を知ることができます。
このデータをGoogleAnalytics上で確認できるので、サイトに検索エンジンからどういう形でアクセスが発生しているのかを具体的に把握することができます。
GoogleAnalyticsはサイトに訪問してからのデータを取得するツールなので、SearchConsoleを連携することでサイト訪問前のデータを確認できるようになり、より広い範囲でサイトの状態を確認できるツールになるわけです。
ということで、連携させない理由がありませんね。

GA4でSearchConsoleを設定する手順(2022/4/21追記)

では実際に追加する手順を説明します。
この記事に追記している2022/4/21の時点では、GoogleAnalyticsはユニバーサルアナリティクスとGA4の両方が使える状態ではありますがユニバーサルアナリティクスの利用期限が迫っていることもありますので、GA4での導入を先にお伝えします。
GA4に設定する場合は、初期で特に連動しているわけではないので、下記の手順でアカウントをリンクさせる必要があります。

まず、管理画面の画面右下にある「管理」から「プロパティ」の項目の下の方にある「Search Console のリンク」を選択します。

「Search Console のリンク」を選択する

表示された画面右上にある「リンク」を選択しましょう。

画面右上にある「リンク」を選択

手順1はSearchConsoleのプロパティの選択です。「アカウントを選択」からリンクさせたいSearchConsoleのアカウントを選びましょう。
SearchConsoleのアカウントが表示されない場合は、権限が不足していますので、SearchConsoleにアクセスしてGA4のアカウントと連携させたいSearchConsoleのアカウントで同じユーザーが権限を持つ状態に変更しましょう。

SearchConsoleのアカウントを選ぶ

選択したアカウントが表示されますので、問題なければ「次へ」を選択します。

選択したアカウントが問題なければ「次へ」を選択

項目2はSearchConsoleと連携するデータストリームの確認画面です。
基本的に設定しているデータストリームが適用されているはずですが、一応確認して問題なければ「次へ」を選択します。

一応の確認をして「次へ」を選択

連携させるSearchConsoleとデータストリームが表示されるので、確認して問題なければ「送信」を選択します。

確認して問題なければ「送信」を選択

連携が完了すると、以下のような感じでどのSearchConsoleとデータストリームが連携していて、誰がいつ追加したのかがわかるようになっています。

連携状況を確認できる

ユニバーサルアナリティクスの時には連携状況の確認が分かりづらい部分がありましたが、GA4の場合はとてもわかりやすい表示になっていると思います。
基本的にはこれだけで設定は完了です。

以下一応過去ロゴのような感じでユニバーサルアナリティクスの場合の手順も残しておきます。

GoogleAnalytics(ユニバーサルアナリティクス)とSearchConsoleが連携されているかを確認しよう

まずは、「昔になんか設定したような記憶が…というか連携確認ってしてたっけ?」というようなあやふやな記憶を持っている人向けに、GoogleAnalytics(ユニバーサルアナリティクス)とSearchConsoleの連携が行われているかどうかの確認方法を紹介します。
まず、GoogleAnalytics(ユニバーサルアナリティクス)にログインし、解析の画面を見ましょう。
この状態がいわゆるレポートの状態です。
ここから、解析画面上部にある「管理」をクリックすると、下記のような画面になります。
ここで「プロパティ」にある「すべてのサービス」をクリックします。

「プロパティ」にある「すべてのサービス」をクリック

すると、下記の画像のように、GoogleAnalytics(ユニバーサルアナリティクス)と連携しているサービスの一覧が表示されます。
ここでSearchConsoleがあればオッケーですが、なければ設定を行う必要があります。

確認する

余談:GoogleAnalytics(ユニバーサルアナリティクス)と色々なデータを連携させておこう

ここで一旦本筋から少し話をそらします。
上の画像を見て察しがいい人は、「Adwords」や「Adsense」とも連携させておいたほうがいいなと気付きます。
SearchConsoleを連携させることでサイト訪問前のデータを確認するだけでなく、「Adwords」や「Adsense」を連動させておけば、サイト内のどういう経路を経てアドセンス広告がクリックされたのかを知ることができたり、逆にアドワーズで掲載している広告からサイトに訪問したユーザーの動向を知ることもできます。
「アドワーズに掲載されたキーワードAで検索してアクセスしたユーザーの何%がサイト内のBというページに到達した」というようなデータはサービス間の連携が取れていないとデータが結びつきません。
なので、「このデータとAnalyticsのデータが結びついたら面白いデータが取れそうだ」と思うものは連携できるのであれば連携しておくに越したことはありません。

GoogleAnalytics(ユニバーサルアナリティクス)とSearchConsoleを連携させる方法と手順

では実際の手順を紹介します。
連携の設定は、基本的にGoogleAnalytics(ユニバーサルアナリティクス)側から行います。
まず、解析画面上部にある「レポート」の画面に移動します。
「レポート」のメニュー内に「SearchConsole」があるので、その中のどれかを選びます。

2

選択すると、下記の画面のようになりますので、「SearchConsoleのデータ共有を設定」を選択します。

3

開いた画面の最下部に移動すると「SearchConsoleを調整」というリンクが表示されますので、これをクリックします。

4

画面が切り替わると、下の画像のような感じになります。
ここでつい完了ボタンを押してしまいがちですが、ここでクリックするのは「編集」というテキストリンクです。
この「編集」をクリックすると、SearchConsoleに移動し、SearchConsoleに設定されたアカウントの一覧が表示されます。
その中から該当するアカウントを選択すると「編集」と記載のあった箇所に選択されたアカウントが表示されるようになります。
ここで初めて「完了」をクリックすることで連携の設定は完了です。

5

まとめ

ホームページの状況を知るためには、当然ですがデータが必要です。
ホームページ訪問前のデータを知ることができるSearchConsoletp、サイト訪問後のデータ解析を行うGoogleAnalyticsが連携すれば、より多くのデータが正しく、信頼性の高い状態でデータとして閲覧できるようになるので、ホームページの運営上かなり大きなメリットになります。
「ホームページを成長させたい」とか「ホームページへのアクセスを増やしたい」などの希望を持っている人には必須の設定になってくるかと思いますので、まだ連携していない人は連携させることをおすすめします。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Web運用を中心とした戦略的な企画立案、サポートやホームページ/Webサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web運用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を定期的に更新し、情報配信をしています。
本社のある大阪府高槻市で「ふにすWeb相談所」を開設し、
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
Webの運用に関するお悩みや、ホームページで成果が出せないお悩みをお持ちでしたら、お気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

ふにろぐとは?

でぐち

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にホームページの運営をしている企業のご担当者様向けに、「ホームページ/Webサイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。

このブログについて

ふにす株式会社

ふにす株式会社は大阪の高槻にある「Webを起点に会社の成長を応援するパートナー」をモットーに、Webにまつわるいろいろな問題を解決する、サポートをする会社です。
ホームページでお問い合わせを増やしたい、もっとたくさんの人に見てもらいたいなど、ホームページ/Webサイトを活用したい方向けの活動を行っています。
また、ホームページの作成や、外部パートナーとしての運用サポートなど、幅広くWebにまつわる諸々のことをおこなっております。
どのようなことを頼めるのかをまとめてみましたので、ご確認ください。

ふにすにはどんな仕事が頼めるの?

ブログ内検索

サービス

ふにすWeb相談所

ホームページの運用お得情報

ホームページ/Webサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Webサイトの運用に関する情報

お問い合わせ

ホームページを成功させたいとお考えの方はお気軽にご相談ください。
ご相談は、下記の中からお好きなものを選んでいただければ大丈夫です。

  • メールで問い合わせる
  • チャットワークで問い合わせる
  • Facebookで問い合わせる
  • Twitterで問い合わせる

LINE@でも相談を受け付けています。
QRコードから友達登録を行って、メッセージを送ってください。

LINE@

最新記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧