【書評】Web制作者のためのCSS設計の教科書

Publish2014/09/22(月)

Update2017/04/02(日)

【書評】Web制作者のためのCSS設計の教科書

これは読みたいと思いつつ、なかなか読めずにいた谷さんの書籍「Web制作者のためのCSS設計の教科書」をやっと読みましたので、読書感想文を書きます。
読んでみてやっぱり面白かったなと思う次第です。

対象は結構限定されている

まず、読んでて思ったのは「僕は面白いと思うけど、これって読む人すごく限定されていそう」という感じ。
書いてある内容自体が、設計することのメリットやデメリットといった部分だけではなく、CSSプリプロセッサやスタイルガイド、CSSフレームワークまでかなり広範囲です。
その為、読む人は完全に中級者からそれ以上の人になるはずだと思います。
この書籍を読んでいた人が同僚から「面白そうやから貸して」と言われて渡したら5分で戻ってきたというエピソードもあるようで、単純にCSSの本としてみてみたら痛い目にあう様な、そんな感じです。

なので、この感想文のここから先も一般の人向けではありません。
それをふまえて読んでみて欲しいところです。

CSSを設計するということ

CSSは普通にやってると、悪い言い方をすると「とりあえず書いとけばなんとかなる」ような側面もあり、コードのようがどんどん膨らんでいき最終的に始末に負えなくなりがちな危険性があります。
この書籍の帯でもいわれている「予測しやすい」「保守しやすい」「再利用しやすい」「拡張しやすい」という4つのポイントは、運用面まで考えた上でCSSとどう向き合うのかという、これまでCSSを書きまくってきた著者の谷さんだからこそ言えるメッセージだと思っています。
作るだけでなく、その先を見据えて、色々な人が加わっても一貫性と一定品質を保てるように取り組むという意味で、CSSの設計を行おうという部分がとても好きな考え方です。

2章までは考え方で、それ以降は実践編です。
ここから先は本当に普段実務でCSS触ってないと何を言っているのか分からない専門的な内容になってくるかと思います。OOCSSやSMACSS、BEMの考え方を実務にどう取り組んでいけばいいのかといったアプローチや、コンポーネントやカプセル化についての部分なども非常に面白いです。
この辺の話は結構前からフロントエンドの人たちはしているので、はじめて聞いたとかそういう事はなかったんですが、人が違えばとえらえ方も違って面白いなと思って読み進めてました。

次の動きの「WebConponents」が紹介されているという点を考える

途中から内容が濃くなってきて、最後の章には実務でCSS書いてたとしてもまだ実際そこまでやってない人も多いWebComponentsの説明もあって、これから少し先の未来に向けて何をしたらいいのかの道しるべ的な感じがしてよかったですね。
WebComponentsに関しても、これまでの章でいってきていた部分がきっちりと回収されてきれいに消化されていたので、読みやすく分かりやすかったです。

やっぱりこういう系の考える本は面白いです。
CSSについてある程度語れるという人には、とても楽しく読める本だと思いますので、そういう人にはおすすめします。普通の人はたぶん読んでも意味が分からないと思いますが、フロントの人たちは普段こういう事を考えてるんやねというような切り口で読んでみると非常に興味深いかと思います。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Webサイトの運用を中心とした戦略的な企画立案、Web運用サポート、Webサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web活用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期更新中です。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
サイトの運用や活用にお困りの方、Web運用やブログ更新などの講演のご依頼など、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

関連記事

  • 【書評】「社長のための黒字の教科書」【書評】「社長のための黒字の教科書」 昨日も書評でしたが、今日も書評です。 最近本を読んでいる出口ですよろしくお願いします。 さて、今日紹介する書籍は財務、キャッシュフローの専門家の森岡さん執筆の書籍「社長のための黒字の教科書」です。 前回の「マンガで入門!会社の数字が面白いほど分かる本」から引き続き発行された2冊目の書籍です。 前回の書籍はマンガで説明があって非常に分かりやすかったんですが、今回は全 […]
  • 【書評】オススメ書籍 「マンガで入門!会社の数字が面白いほどわかる本」【書評】オススメ書籍 「マンガで入門!会社の数字が面白いほどわかる本」 放置プレイが続いてほぼ1ヶ月ぶりのこのブログですが、今日はオススメの書籍をご紹介しようと思います。 その書籍というのが「マンガで入門!会社の数字が面白いほどわかる本」です。 この書籍はキャッシュフローの専門家森岡さんとビジネス漫画家渡辺さんの合作で難しい会社の数字にまつわる話を全編わかりやすいマンガで紹介している書籍です。 会社の数字というと決算とか減価償却 […]
  • 【書評】「現場のプロが教えるWeb制作の最新常識」【書評】「現場のプロが教えるWeb制作の最新常識」 色んな人が話題にしている書籍「現場のプロが教えるWeb制作の最新常識」を僕も読んで思うところがあったので、流れに乗って書評を書いてみようと思います。 僕が思ったのは大きく3つです。 この本はお客さんにこそ読んでもらいたい本 帯に書いてる「この一冊でわかります。」は誇張ではない。 作る側だけでなく運用側の事にも触れているのが素敵 この本はお客さんにこそ […]
  • 【書評】「Web制作者のためのSublime Textの教科書」【書評】「Web制作者のためのSublime Textの教科書」 今日は久しぶりに書籍の感想を書きます。 今回感想を書く書籍は「Web制作者のためのSublime Textの教科書」です。 知らない人のために説明すると、「Sublime […]
  • 【書評】「レスポンシブWebデザイン入門~モバイルファーストの考え方からのアプローチ」【書評】「レスポンシブWebデザイン入門~モバイルファーストの考え方からのアプローチ」 2014/5/23発売の「レスポンシブWebデザイン入門~モバイルファーストの考え方からのアプローチ」を早速読んでみましたので感想を書いてみます。 この書籍は電子書籍で読めるんですが、Amazon […]
  • 【書評】 「プロとして恥ずかしくない 新・WEBデザインの大原則」【書評】 「プロとして恥ずかしくない 新・WEBデザインの大原則」 今日は、昨日発売された「プロとして恥ずかしくない […]

よく見られている記事

ふにろぐナビ

About

ふにろぐとは?

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にサイトの運営をしている企業のご担当者様向けに、「サイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。
その他には僕自身の考え方なども書いています。

このブログについて

ふにすのお仕事

このブログを書いている「でぐち」がしている「ふにす株式会社」は大阪と京都の間にある高槻という街で、Webの運用サポートを中心に活動しています。
Webサイトの制作とかもしてますが、ブログを続けるためのサポートとか、会社をどうやってPRすればいいんだろうとか、そういうふわっとした事を相談してください。
どういう内容を相談できるのかをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

ふにすにはどんな仕事が頼めるの?

ソーシャルとか。

NewEntry

はてブで人気の記事

PickUP

Webサイトの運用に関する情報

ふにろぐで取り上げたWebサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Category

Month