友達価格での対応はしていませんし、するつもりもありません。

Publish2014/08/27(水)

Update2014/09/01(月)

友達価格での対応はしていませんし、するつもりもありません。

今日はまあ普通のことなんですけど、未だに言う人もいるのであえて書いておこうと思います。
内容としては、「友達価格」について。
まず大事なことなので最初に書いておきますけど、僕は基本的に友達価格で対応することはありませんし、今後のその方針を変えるつもりもありません。

そもそもの話。なぜ友達だと安くなるという認識があるのか

まず最初に考えることは、そもそもなぜ友達に仕事をお願いする時に「安くしてくれる」という思い込みをしているのでしょうか。
こんなことを言っているからお前は友達がいないんだよバーカと言われたらそれまでですが、僕からすると友達だからこそきちんと対応してあげたいなと思うわけです。
きちんと正規の料金をもらって、誠実に成果の出るように対応することのほうが相手をきちんと尊重した友達関係だと思うんですけど、違うんでしょうか。

友達価格で対応する事で発生するお互いの損失

友達価格で対応することによって、僕はお互いにこういうデメリットがあると感じています。
「価格が安くなった」で相殺できないくらい致命的だと思います。
ちなみに今回書くのは前提として「相手から」友達価格で対応してよとお願いされた場合の話です。
自分から進んで無償で対応すると決めたとか、自分から友達なのでこの価格でいいよと値下げした場合の話ではありません。

受ける側のデメリット

まずは受ける側から。
最初に考えるのは時間と労力です。
お金を貰ってする仕事ではないので、可能なかぎり時間と労力は使わないようにしないと本業に影響が出ます。
だからといって手を抜くということもしたくないですし、出来る限り時間内の出来る範囲で良いものにするべく取り組むかと思います。
その為、仕事自体は気軽にお願いされても、本気で取り組まなければいけない形ですので、相当負担です。
人によっては自分の睡眠時間を削ったり、土日などの休日を潰して対応しなければいけないかもしれません。
その結果、あまり気乗りしないような気持ちで取り組むことにもつながり、作業も楽しくない状態になりがちです。
時間と労力、自分のこれまでの経験などのスキルを手放すような行為ともいえ、健全ではありません。

依頼する側のデメリット

次に依頼する側にもデメリットがあります。
お金をもらえないため、受ける側の人からすると優先順位の低い形での対応になります。
その為、スケジュールの予測がしづらいですし、安くしてもらっている上に早くしてくれというのも言いにくいかと思います。(もちろん予測を越える厚顔無恥な人もいると思いますけど。)
また、この費用ではそこまで対応できないというような制限が付いてくる場合があります。
特にノウハウに関することであったり、技術的に高度な内容をしている場合などは分かりやすいかと思います。
お金をけちったとことで本来なら受けるメリットを発揮できないのであれば、やらないほうがよかった場合もあるのではないでしょうか。

双方のデメリット

上記のデメリットのどれかでも発生することで、お互いへの不満や不信感がたまります。
きちんと報酬を支払うということは、契約をしている状態になるので上記のようなデメリットは発生しないですし、それによってお互いが嫌な気持ちになるということもありません。
僕が考える一番のデメリットは、お友達価格で対応することによって結果的に相手に悪い印象が残り、友達関係が悪くなることだと思います。

NoMore友達価格

ということで、考えれば悪いことしか思い浮かびません。
「簡単って聞いたからちゃちゃっとやって」とか、「友達やねんから安くしてや」みたいなことを言ったことがある人はもう一度それを言われた側がどういう気持になるのかを考えてみてください。
自分の仕事が軽視されたり、無料で出来る物程度に思われていたら、非常に気分が悪いと思いませんか?

お互いが納得出来るように、きちんと楽しくするためにも、お友達価格というのはやめましょう。

追記。
書いたあとのリアクションで思うところがあったので続きを書きました。
昨日の記事に対する反応を見ていて思ったこと

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Webサイトの運用を中心とした戦略的な企画立案、Web運用サポート、Webサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web活用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期更新中です。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
サイトの運用や活用にお困りの方、Web運用やブログ更新などの講演のご依頼など、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

関連記事

  • Web系の勉強会参加者の高齢化問題について考えてみた。Web系の勉強会参加者の高齢化問題について考えてみた。 今日はこの記事「Webのセミナーに参加して最近思うこと。」を読んで、返事が書きたくなったので勝手にアンサー記事にします。 Web系勉強会参加者の高齢化とは? まず前提として、最近行ってるWeb系の勉強会は、例外を除いて一部高齢化してきているなと僕は思ってまして、件の記事にあるような若い人が前でしゃべれないというよりもう一つ前の「そもそも若い人がWeb系の勉強会に来 […]
  • 生活の変化を経過年数で探ってみる生活の変化を経過年数で探ってみる 先日音楽番組を見ていたら、一昔前の人気曲のようなコーナーをしていまして、「へー懐かしいなー」とか思って見ていたわけですが、ふと「何年前ってどんなことがあったとか具体的に覚えてないけど、あの頃と比べて今ってだいぶ価値観とか生活スタイルとか変わってるな」ということを思いました。 そこで、昔に何があったのかを思い出したり考察しつつ、生活の変化や価値観の変化の変遷を考えてみようかと […]
  • チームメンバーの特性を測るときにハンターハンターの水見式のような特性診断があるといいのになと思った話。チームメンバーの特性を測るときにハンターハンターの水見式のような特性診断があるといいのになと思った話。 昨日書いた「ロマサガ2の陣形をWeb戦略になぞらえて考えると面白い。」という記事が意外と評判よかったので(誰得かと思いきや一部に受ける内容だったのかとびっくり)、それを書くときに考えていたもう一つのネタも書いてみようと思います。 前回は戦略と陣形の話だったわけですが、今回はその前段階のチームビルディング編ともいうべき内容かと思います。 ハンターハンターの水見式のような […]
  • 2015年の振り返り(反省)と2016年の抱負について2015年の振り返り(反省)と2016年の抱負について 平日更新のこのブログは本日で今年の最後の記事になる予定です(気分によっては変わるかも)。 そこで、最後は最後らしく、今年の一年を振り返っての反省と2016年の目標などを書こうかなと思っています。 なんだかすごい年末感ですが、それもまたよいかなと思います。 ブログ平日更新が1年10ヶ月を突破 結構ずっと毎日書いている感がありますが、平日毎日更新(過去記事の書き直 […]
  • リクリのイベントに参加して気付いた愛着を持っているものについてリクリのイベントに参加して気付いた愛着を持っているものについて 先日公開した記事のように、先週末の土曜にリクリに参加してきたんですが、その時に「これはいいことなのか悪いことなのかどっちかな」と思えた「愛着を持つということ」について考えてみました。 愛着を持っていることに気付いた。 リクリに参加していた時に気付いたのは「ああ、ぼくはSKetchが好きなんだな」ということ。 登壇される話を聞いていても、「なるほど、でもそれはSk […]
  • ロマサガ2の陣形をWeb戦略になぞらえて考えると面白い。ロマサガ2の陣形をWeb戦略になぞらえて考えると面白い。 今日は自転車を漕いでいる時にふと思った「これ面白いかも」と思ったロマサガ2の陣形とWeb戦略をなぞらえて考えると面白いかもしれないなという話です。 ロマサガ2の陣形とは? まず知らない人向けの前提条件。 ロマサガ2はスクウェア(スクウェアがエニックスと統合される前の話)から発売されたスーパーファミコン用のソフトです。 詳しくはwikiで。 ロマンシング […]

よく見られている記事

ふにろぐナビ

About

ふにろぐとは?

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にサイトの運営をしている企業のご担当者様向けに、「サイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。
その他には僕自身の考え方なども書いています。

このブログについて

ふにすのお仕事

このブログを書いている「でぐち」がしている「ふにす株式会社」は大阪と京都の間にある高槻という街で、Webの運用サポートを中心に活動しています。
Webサイトの制作とかもしてますが、ブログを続けるためのサポートとか、会社をどうやってPRすればいいんだろうとか、そういうふわっとした事を相談してください。
どういう内容を相談できるのかをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

ふにすにはどんな仕事が頼めるの?

ソーシャルとか。

NewEntry

はてブで人気の記事

PickUP

Webサイトの運用に関する情報

ふにろぐで取り上げたWebサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Category

Month