今改めて考えるアントニオ猪木の伝説のスピーチ「道」

Publish2014/02/24(月)

Update2014/06/06(金)

今改めて考えるアントニオ猪木の伝説のスピーチ「道」

先日Facebookを見ていた時に久々にアントニオ猪木さんの道の動画を見ました。
気になったので調べてみたんですが、この動画の撮影された猪木さんの引退試合は1998年4月4日に東京ドームで行われたんですね。
確かリアルタイムで見て泣いたのを覚えているのですが、計算してみると当時19歳。
ものすごく多感な年頃にこんなセリフを聞いたのかと、少しショックですが35歳になった今改めて猪木さんのスピーチを見つめ直してみたいと思います。

まずは振り返り。セリフと動画を再確認。

人は歩みを止めたときに、そして挑戦をあきらめたときに年老いていくのだと思います。
この道を行けばどうなるものか。
危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。
踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。
迷わず行けよ。
行けば分かるさ。
ありがとう!!

チャレンジ精神の大切さ

今の時点で見てはっとさせられたんですが、「人は歩みを止めたときに、そして挑戦をあきらめたときに年老いていくのだと思います。」というセリフにドキッとしました。
この年齢になって、どこかでチャレンジ精神というかフロンティアスピリットみたいなものは当時に比べて確実に減っていると思うんですよね。それは年齢を重ねた事によるキャリアであったり、楽にやる方法を知っていたり、時にはそれをしなくていいと知っていたりするので。
でも、実際には「やったらどうなるか分からんもんに挑戦するのはめんどくさいし時間かかりそうやから、また今度でいいかな」とか、そういう部分もあるわけです。
猪木さんはそれを指摘してくれているわけですね。
そのまま進んでいたらつまらない大人になるぞ、ただの老いぼれになるぞと。
これはいかんですね。今すぐにでも改めないといけない部分です。
チャレンジ精神を忘れたらだめ。常にチャレンジャーであれ。

まずはやってから。やらないと何も見えない。

「危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。」
まさにこれですよね。
やってもいないうちからビビってたり、やろうとしなければそこに道は出来ないし、その先の世界は見えない。
自分がやってきた結果が道を造り、踏み出すその足がこれからの自分を決定づけるのだと。
やらないやつには何も見えないし、やったからこそ見える世界があるという事を猪木さんは教えてくれているわけです。
深いなと改めて思いますし、道を切り開いてきた猪木さんだからこそ言えるし説得力のある言葉だなとも思います。
あつすぎますね。

未来に向かって全力で進もう

そしてこの動画を見終わって僕は感じるわけです。
自分の心の中にあるあつい思いを。
忘れていた感情を。
猪木さんが思い出させてくれたこの思いを胸に未来に向かって道を切り開き、全力で進んでいこうと。
その勇気をくれたこのメッセージはやはり人生の宝物ですね。
19歳の若造だった当時の自分ですら泣いたくらいやし、いまでもこの事を考えると余談が多くなってしまうのも、そういう理由なのかも知れません。
なんにせよ今のタイミングで見れてよかった。再確認できてよかった。
猪木さん、ありがとうございます。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Webサイトの運用を中心とした戦略的な企画立案、Web運用サポート、Webサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web活用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期更新中です。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
サイトの運用や活用にお困りの方、Web運用やブログ更新などの講演のご依頼など、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

関連記事

  • Web系の勉強会参加者の高齢化問題について考えてみた。Web系の勉強会参加者の高齢化問題について考えてみた。 今日はこの記事「Webのセミナーに参加して最近思うこと。」を読んで、返事が書きたくなったので勝手にアンサー記事にします。 Web系勉強会参加者の高齢化とは? まず前提として、最近行ってるWeb系の勉強会は、例外を除いて一部高齢化してきているなと僕は思ってまして、件の記事にあるような若い人が前でしゃべれないというよりもう一つ前の「そもそも若い人がWeb系の勉強会に来 […]
  • 生活の変化を経過年数で探ってみる生活の変化を経過年数で探ってみる 先日音楽番組を見ていたら、一昔前の人気曲のようなコーナーをしていまして、「へー懐かしいなー」とか思って見ていたわけですが、ふと「何年前ってどんなことがあったとか具体的に覚えてないけど、あの頃と比べて今ってだいぶ価値観とか生活スタイルとか変わってるな」ということを思いました。 そこで、昔に何があったのかを思い出したり考察しつつ、生活の変化や価値観の変化の変遷を考えてみようかと […]
  • チームメンバーの特性を測るときにハンターハンターの水見式のような特性診断があるといいのになと思った話。チームメンバーの特性を測るときにハンターハンターの水見式のような特性診断があるといいのになと思った話。 昨日書いた「ロマサガ2の陣形をWeb戦略になぞらえて考えると面白い。」という記事が意外と評判よかったので(誰得かと思いきや一部に受ける内容だったのかとびっくり)、それを書くときに考えていたもう一つのネタも書いてみようと思います。 前回は戦略と陣形の話だったわけですが、今回はその前段階のチームビルディング編ともいうべき内容かと思います。 ハンターハンターの水見式のような […]
  • 2015年の振り返り(反省)と2016年の抱負について2015年の振り返り(反省)と2016年の抱負について 平日更新のこのブログは本日で今年の最後の記事になる予定です(気分によっては変わるかも)。 そこで、最後は最後らしく、今年の一年を振り返っての反省と2016年の目標などを書こうかなと思っています。 なんだかすごい年末感ですが、それもまたよいかなと思います。 ブログ平日更新が1年10ヶ月を突破 結構ずっと毎日書いている感がありますが、平日毎日更新(過去記事の書き直 […]
  • リクリのイベントに参加して気付いた愛着を持っているものについてリクリのイベントに参加して気付いた愛着を持っているものについて 先日公開した記事のように、先週末の土曜にリクリに参加してきたんですが、その時に「これはいいことなのか悪いことなのかどっちかな」と思えた「愛着を持つということ」について考えてみました。 愛着を持っていることに気付いた。 リクリに参加していた時に気付いたのは「ああ、ぼくはSKetchが好きなんだな」ということ。 登壇される話を聞いていても、「なるほど、でもそれはSk […]
  • ロマサガ2の陣形をWeb戦略になぞらえて考えると面白い。ロマサガ2の陣形をWeb戦略になぞらえて考えると面白い。 今日は自転車を漕いでいる時にふと思った「これ面白いかも」と思ったロマサガ2の陣形とWeb戦略をなぞらえて考えると面白いかもしれないなという話です。 ロマサガ2の陣形とは? まず知らない人向けの前提条件。 ロマサガ2はスクウェア(スクウェアがエニックスと統合される前の話)から発売されたスーパーファミコン用のソフトです。 詳しくはwikiで。 ロマンシング […]

よく見られている記事

ふにろぐナビ

About

ふにろぐとは?

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にサイトの運営をしている企業のご担当者様向けに、「サイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。
その他には僕自身の考え方なども書いています。

このブログについて

ふにすのお仕事

このブログを書いている「でぐち」がしている「ふにす株式会社」は大阪と京都の間にある高槻という街で、Webの運用サポートを中心に活動しています。
Webサイトの制作とかもしてますが、ブログを続けるためのサポートとか、会社をどうやってPRすればいいんだろうとか、そういうふわっとした事を相談してください。
どういう内容を相談できるのかをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

ふにすにはどんな仕事が頼めるの?

ソーシャルとか。

NewEntry

はてブで人気の記事

PickUP

Webサイトの運用に関する情報

ふにろぐで取り上げたWebサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Category

Month