サイトのリニューアル前に考えること。

Publish2014/03/31(月)

Update2014/06/06(金)

サイトのリニューアル前に考えること。

サイトを運用していると、必ずどこかのタイミングでサイトのリニューアルをしようという時期が来ます。
サイトがうまくいっていない時とか、上からの指示とかそれこそタイミングと理由は様々ですが、必ずあるといっても過言ではないです。
その時に、あまり何も考えずにやるのではなく、より効果をあげる・運用をスムーズにするためにも色々な事を考え、再設計するプロセスが非常に重要です。
以下によくあるポイントを書いておきますので、リニューアルを行う際の参考にしていただけると幸いです。

  1. Analyticsで現在のユーザーの閲覧状況を確認する。
  2. 目的を決める。できれば数字で。
  3. ターゲットを考える
  4. 集客方法を考える
  5. 運用ルールを考える
  6. デザインを考える
  7. ユーザーテストを行ってみる

Analyticsで現在のユーザーの閲覧状況を確認する。

まず、リニューアルを行う前には現状分析を行う事が重要です。
現状を把握していないのにリニューアルを行ってしまうと、リニューアル前後の効果測定ができません。
リニューアルがきちんと意味あるものであったのかどうかを判断するためにも、現状の分析を行いましょう。
現状分析を行う上では、GoogleAnalytics等のアクセス解析を使用して現状サイトの分析を行います。
仮に現状でアクセス解析を入れていないという事であれば、まずはGoogleAnalyticsのアカウントの取得とトラッキングタグの埋め込みを行い、最低でも1ヶ月間のデータ収集後に分析を行う方がいいです。
1ヶ月では統計的なデータが取れないのであまりよくはないのですが、それでも何もしないよりかはましです。
今の段階でアクセス解析を入れていない方は、まず導入してデータを蓄積しておくだけでも将来に役に立ちますので、ぜひ導入を検討してみてください。

目的を決める。できれば数字で。

分析が終わった後は、その結果を元に「どうしていきたいのか」を考えます。
アクセス数を増やすのか、お問い合わせ数を増やすのかなど、サイトによって達成したい目的は異なるはずです。
自身のサイトで何をなしたいのかを決めましょう。
分析結果によっては、実はすでにある程度満足いってる結果になっている場合もありますが、その場合は長所を伸ばすのか、短所を改善するのかなど考える事は必ずあります。
しっかりと目標を定める事が重要なので、目標を決めましょう。
また、その際に目標が数値化できるものであれば、数字で目標を設定する事が重要です。
数値化する事により、目標の達成状況が具体的になりますので結果を判断する際に明確に成功したか失敗したかを判断する事ができます。

ターゲットを考える

目標決定後は、その目標を達成するための事を考えましょう。
まずは、「誰に見てもらいたいのか」「誰が目標となる行動をそてくれるのか」を考える事が重要です。
相手が見えていなければ勝負はできないので、まずはしっかりと誰に向かって発信していくのかを考えましょう。
そして、その「誰か」はより具体的に、絞って考えた方がよい場合が多いです。
これはペルソナ法というものですが、これについて言及すると長くなるので割愛します。
色々な手法がありますので、調べてサイトリニューアルの際のヒントにしてみるといいと思います。
いづれにしても、まずは相手の事をしっかりと頭でもイメージできているかどうかが重要です。

集客方法を考える

発信したい相手が決まったら、その相手にどうやって届けるのかを考えましょう。
作っただけではその相手に届かないので、その相手に届けるにはどういう方法があるのかを考えます。
例えばSEOで考えると、その相手がどんなキーワードで検索するだろうかという事を考える必要があります。
そのキーワードの選定も、相手の行動を考えてよりピンポイントで的確に届くキーワードであった方がいいです。
SEOだけではなく、その相手の行動を考慮してどのタイミングで露出したら見てもらえるのか、そのためには何をしたらいいのかを考えます。
この方法はターゲットやサイトの内容によってかなり違ってきます。
大切なのはきちんと目標と相手を見据えて考える事なので、そこがぶれないように色々と考えてプランを立てましょう。

運用ルールを考える

上記3つが決まると、サイトの方向性はほぼ決まってくるかと思います。
あとは、決まった方向性に会わせてサイトをどうデザインしていくのかという事になってきますが、その前に運用面をきちんと考えましょう。
月にどのくらい更新するのか、担当者は誰で、毎日の作業はどういうものがあるのかなどを決めます。
デザインを決める前に運用ルールを決める事で、運用に会わせた効果的なデザインを作る事ができるようになります。
逆に、作った後に運用を考えると運用側の負担が大きくなる事が多々あります。
作ったものの仕様に合わせて運用を行うのではなく、運用をより楽に快適にする事を考慮して作る方がいいです。
というのも、運用を行うためのストレスは可能な限りなくしていく方がより楽しく運用する事になりますし、モチベーションを維持する事ができるからです。
誰もめんどくさい作業をずっとしなければいけないとなると、気が滅入りますよね。
そういう悪循環を作らないためにも、必ず運用面を考えて作るようにしましょう。

デザインを考える

そんな事で色々と前段階が決まって最後にデザインを考える行程に入ります。
ここでいうデザインにはシステム面でどういうものを導入するのかを考える部分も含みます。
見た目だけをデザインするのではなくて、目標を達成するためのサイトの構造設計とか、導線設計なども考える必要があります。
ここで考える項目はかなり多岐にわたりますし、やりたい内容によって変わります。
どれが正解かを判断するのは難しいですが、目標とターゲットが決まっていればある程度選択肢は狭まります。
しっかりと考えて設計し、効果が出るために必要な事はなにかを検証しながら作りましょう。

ユーザーテストを行ってみる

最後に、これは可能であればした方がいいですが、対象ターゲットを何人か集めて実際のサイトを触ってみてもらう機会を作るとなおよいです。
頭で考える正解と、実際の正解には意外と隔たりがあるもので、そういう行動をするとは想定していなかったというような事はけっこう多かったりします。
ユーザーテストを行う事で、リリース前に問題点の発見と改善案を模索する事ができ、より公開後の効果アップを期待できるようになります。
ユーザーテストの手法も多くの方法がありますので、これも実際にやってみて検証していく事が重要です。

これ以外にも、マーケットリサーチなど他にもたくさん考える事はありますが、最低限上記の事を行う事でリニューアルが意味を持ってくるものになるかと思います。
考える事が多くて混乱しがちですが、より色々な視点からサイトを見つめ直す事でこれまで見えていなかった問題に気付いたりもできるので、考えておくにこした事はないと思います。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Webサイトの運用を中心とした戦略的な企画立案、Web運用サポート、Webサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web活用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期更新中です。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
サイトの運用や活用にお困りの方、Web運用やブログ更新などの講演のご依頼など、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

関連記事

  • ちいさく始める。ちいさく始める。 今日はこれからサイトを始めようという人向けに、ぼくが大切だと思っている考え方の一つ「ちいさく始める」ことについて書きます。 まず始めてみるということが大事。 これからサイトを始めようという方からご相談をいただくことがありますが、その場合にぼくがおすすめしていることは「いきなり全部作らない」という形で提案することが結構あります。 というのにも色々な理由があるのです […]
  • Facebookページからの不要な通知を削除するFacebookページからの不要な通知を削除する 今日は久しぶりに小ネタです。 最近僕はあることに気付いたんです。 それは何かというと、「FacebookページからのPUSH通知が以前より格段に激しくなっている」ということです。 Facebookページからの通知が激しさを増している Facebookページからの通知が激しくなってきたなと思った一番の理由は、iPhoneアプリの「ページ」のバッジがすごい頻度で増 […]
  • Webサイトの運用にかかせないテスト環境構築のススメWebサイトの運用にかかせないテスト環境構築のススメ 今日は、サイト運用をより効果的に行うための方法の一つとして僕も実践している「テスト環境を作成する」ことについて書きます。 Webサイトのテスト環境を作る理由とメリット まず、テスト環境を作るというと、「そんなのめんどくさい」とか、「作る側の人だけでしといてくれたらいい」とか、そういう意見をいただくこともあるのですが、テスト環境は作成して使っていくことで多くのメリッ […]
  • 伝えるための努力をしないと伝わらない伝えるための努力をしないと伝わらない 今日は「普段から人に伝える努力」をしていますかという話です。 昨日参加したPTAの会合で話していた内容なんですけど、このての基本的な部分って軽視されがちなので書くことにします。 学校のことを毎日ブログに書く校長先生 昨日のPTA活動では、面白い話が聞けました。 ある学校の校長先生が、毎日学校で起こったエピソードなどをを交え、取り組みやその取り組みに至るプロセス […]
  • カード型UIという手法の紹介。カード型UIの考察と実例。カード型UIという手法の紹介。カード型UIの考察と実例。 今日はカード型UIを紹介して、ついでにカード型UIがどういう考え方で使われているのかという部分と、実際の使用例から紹介してみようと思います。 カード型のUIとは? デザインをしている人であれば、カード型UIといえば「ああ、あんな感じのやつやね」というのがイメージできると思いますが、あまり普段意識しない人からすると「カード型のUI」と言われてもピンとこないと思います […]
  • サイト運営の短期施策と中長期施策の計画の重要性についてサイト運営の短期施策と中長期施策の計画の重要性について 今日はサイト運営を行う時の考え方として、「短期的施策と中長期施策を計画すること」について考えてみようと思います。 なぜ期間を区切って考えるか まず、なぜ施策を行う時に期間を区切ったほうがいいのかという件について考えます。 結果から簡単に言うと、期間を区切る目的は期間によって達成しやすいものとそうでないものがあるためです。 例えば、「Twitterのフォロワーを […]

よく見られている記事

ふにろぐナビ

About

ふにろぐとは?

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にサイトの運営をしている企業のご担当者様向けに、「サイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。
その他には僕自身の考え方なども書いています。

このブログについて

ふにすのお仕事

このブログを書いている「でぐち」がしている「ふにす株式会社」は大阪と京都の間にある高槻という街で、Webの運用サポートを中心に活動しています。
Webサイトの制作とかもしてますが、ブログを続けるためのサポートとか、会社をどうやってPRすればいいんだろうとか、そういうふわっとした事を相談してください。
どういう内容を相談できるのかをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

ふにすにはどんな仕事が頼めるの?

ソーシャルとか。

NewEntry

はてブで人気の記事

PickUP

Webサイトの運用に関する情報

ふにろぐで取り上げたWebサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Category

Month