隠しテキスト・隠しリンクにならないように注意する

Publish2014/05/14(水)

Update2016/01/02(土)

隠しテキスト・隠しリンクにならないように注意する

今日は隠しテキストと隠しリンクについて。
隠しテキストと隠しリンクは、旧世代のブラックハットSEOの手段で、今やっちゃうとけっこう高い確率でアウトな場合が多い危険な方法なんですが、意図せずそのように解釈されてしまうケースがあります。
どういう事をしたら危ないかを知っておく事で、ペナルティを回避する事ができますので、知っておいて損はないかと思います。

読めないくらい小さい文字サイズ

たまにデザイン性の高さをアピールしたサイト等で「これは読めないな」と思えるくらい小さい文字サイズにしているテキストがあります。
こういうサイトの場合は、文字をデザインする為にあえて小さくしているかと思うんですが(好き嫌いは別として)、そのサイズがあまりに小さい場合は隠しテキストとして誤解されかないかと思います。
テキストはきちんと可読性があるレベルの大きさにしましょう。
もちろん1pxとか、最初から隠す気満々のサイズは論外です。

CSSで要素を画面の外に置く

数年前に流行った方法ですが、CSSのtext-indentで-9999pxを指定したり、要素をネガティブマージンで画面外に置いたりすることで画面のレイアウトを行なおうという目的で使用されていた方法がありました。
これは、人の目に見えないところに置いている時点で「隠している」と捉えられてもおかしくない方法です。
要素を隠して対応するようなデザインではなく、根本的な部分の思考を変える必要があるかと思います。
もちろんテキストやリンクを隠す目的で使用とかは論外ですよ。

画像や要素の下に文字列をかぶせる

これもたまに見かけるのですが、画像等の要素をcssのz-indexでテキストに被せたりしている場合は注意した方がいいです。
これもおそらくはデザイン的な視点で、少しずらしたりする演出としてそのようにしているんじゃないかなとは思いますが、隠そうとしていると捉えられてもおかしくない方法です。
きちんと表示がかぶらないようにしたり、別の方法に切り替えるなどして疑わしい行為は行わないのがよいかと思います。
もちろん隠す目的で使っているのは論外ですよ。

背景色と同系色のテキスト

これもデザイン性を重視しているサイトで見られがちな傾向ですが、文字色と背景色を同系色にしているサイトは注意が必要です。
これも見ようによっては隠そうとしているという風に捉えられる危険性があります。
また、この場合は隠しテキストや隠しリンクの問題以外にも、文字の可読性の問題もあります。
文字自体が読めないサイトでは、ユーザーがテキストの内容を読めないなどの不具合があるわけなのでユーザビリティの面でとてもよくないです。
きちんとユーザーが読めるテキストにしましょう。
もちろん隠す目的で使っているのは論外です。

大事な事なので4回ほど同じ事を言いました。

この辺をやってしまうとけっこう危険です。
デザイン的にどうしても表示している事を分かりづらくして体裁を整えたいという事もあるかもしれませんが、その場合は隠しテキストや隠しリンクになるくらいならテキストを表示させないという風に対応してしまうというのも一つの方法ではないでしょうか。

基本的には「怪しいと思われるような方法を使わない」という事が大切だと思うのです。

記事の著者:ふにすでぐち

ふにすでぐち

1978年生まれ。企業のWeb活用をテーマに、Webサイトの運用を中心とした戦略的な企画立案、Web運用サポート、Webサイトの構築などを行っています。
5年間のWeb制作会社勤務後、2年間のフリーランスで「フニス」として活動後に法人化し、2012年7月「ふにす株式会社」を設立。
Web活用の情報や考え方などを発信するブログ「ふにろぐ」を不定期更新中です。
2015年11月より大阪府高槻市に「ふにすWeb相談所」を開設。
地域の方々に気軽にWebのことを相談できる場所として、より多くのWeb運用の問題解決をするために活動しています。
サイトの運用や活用にお困りの方、Web運用やブログ更新などの講演のご依頼など、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

LINEでWebに関する質問にお答えしています。

ふにすでは、LINEでWebに関するご質問にお答えしています。Webに関するあんなことやこんなこと、今さら聞けない疑問などなんでもご相談ください。LINEアプリでQRコードを読み取ると友達登録のリンクが表示されますので、試しに登録してみてください。

関連記事

  • これからサイトを作る人向けに最適な学習コンテンツ「ウェブマスターアカデミー」これからサイトを作る人向けに最適な学習コンテンツ「ウェブマスターアカデミー」 今日は「これからサイトを作る人向け」にGoogleが公開しているウェブマスターアカデミーを紹介します。 サイトをこれから作ろうという場合、まず何からしていいものやらと思うことになりますが、その手順をGoogleが教えてくれるコンテンツという非常に効果的かつ有益な内容になっています。 この内容をしっかり学習することで、Webサイトの作成、運用をスムーズに行うことができるよう […]
  • Webサイトの運用にかかせないテスト環境構築のススメWebサイトの運用にかかせないテスト環境構築のススメ 今日は、サイト運用をより効果的に行うための方法の一つとして僕も実践している「テスト環境を作成する」ことについて書きます。 Webサイトのテスト環境を作る理由とメリット まず、テスト環境を作るというと、「そんなのめんどくさい」とか、「作る側の人だけでしといてくれたらいい」とか、そういう意見をいただくこともあるのですが、テスト環境は作成して使っていくことで多くのメリッ […]
  • 会社概要のページと会社沿革のページはけっこう大切会社概要のページと会社沿革のページはけっこう大切 最近サイトを運用する事もしてますが、実は作る仕事の方が今は多くて、サイトの制作をけっこうしているんですが、作っているコンテンツで会社概要や会社の歴史コンテンツを編集する機会があってそこで感じた事を今日は書こうと思います。 その作っているサイトはとある会社のサイトなんですが、特徴のある商品を1世紀以上売っているようなところで、けっこうな歴史があります。 なので、会社概要ペー […]
  • ホームページ/Webサイトのアクセスアップの基礎知識。流入経路を把握する。ホームページ/Webサイトのアクセスアップの基礎知識。流入経路を把握する。 今回はホームページ/Webサイトのアクセスアップを行う際の基礎知識として、サイトへのアクセスが発生する流入経路にはどの様なものがあるのかを考察します。 単純にサイトにアクセスを集めれば売上が上がるということではありませんが、どの様な人に見てもらうかや、ホームページ/Webサイト上での成果を出すためには、アクセスをどこからどうやって集めるのかということを知っておくことは必要で […]
  • これからECをはじめる方向け。ECサービスの比較と特徴など調査【2015年6月版】これからECをはじめる方向け。ECサービスの比較と特徴など調査【2015年6月版】 今日は先日お客さんにECサイトをはじめたいという質問があったので、今後の事もかねて手軽にはじめる事が出来るサービスを比較してまとめてみました。 今回比較するサービスはSTORES.jp、BASE、Yahooショッピング、カラーミーショップ、Makeshop、ショップサーブの6つ。 ECのサービスというか一般的にはASPといわれる部類のものですが、これからはじめる人がASP […]
  • キャッシュよさらば【Webサイトのキャッシュを削除する方法のまとめ】キャッシュよさらば【Webサイトのキャッシュを削除する方法のまとめ】 今日はキャッシュの削除方法を紹介します。 え?キャッシュ?今さら?とか思わないでください。 キャッシュに関する一般の人の理解は未だかなり低く、そもそもキャッシュとは何か?という事を知らない人がまだまだたくさんいます。 仕事上色々なWebに関する相談をいただくのですが、その中でもキャッシュに関する質問はいつまでたっても減りません。 「それキャッシュが原因ですよ」 […]

よく見られている記事

ふにろぐナビ

About

ふにろぐとは?

ふにろぐは「ふにす株式会社」の「でぐち」が書いているブログです。
このブログでは主にサイトの運営をしている企業のご担当者様向けに、「サイトの運営に役立つTips」や「今更人に聞けないような初歩的なこと」を中心に情報を配信しています。
その他には僕自身の考え方なども書いています。

このブログについて

ふにすのお仕事

このブログを書いている「でぐち」がしている「ふにす株式会社」は大阪と京都の間にある高槻という街で、Webの運用サポートを中心に活動しています。
Webサイトの制作とかもしてますが、ブログを続けるためのサポートとか、会社をどうやってPRすればいいんだろうとか、そういうふわっとした事を相談してください。
どういう内容を相談できるのかをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

ふにすにはどんな仕事が頼めるの?

ソーシャルとか。

NewEntry

はてブで人気の記事

PickUP

Webサイトの運用に関する情報

ふにろぐで取り上げたWebサイトの運用に関する記事のまとめです。ツールや運用ノウハウなど、知っていると便利になる情報ですので、まずはこちらをご覧ください。

Category

Month